インコの世界は「タテ社会」じゃなくて「ヨコ社会」

インコは野性で暮らしていた時には数100羽程の大きな集団を作り行動していました。 「自然界では捕食者が多い、弱い立場になる場面が多い」インコにとって集団で行動する事が自分の身を守る事に繋がるからです。 ただ多くの仲間と一緒に行動するインコですが、実は「縦の関係」よりも「横の関係」を重視する、上下関係を作らない生き物なんです。 スポンサーリンク …

続きを読む

スポンサーリンク