ヘアスプレーやワックスも?インコに危険な有害物質!

以前、「インコに食べさせてはいけない!つい食べさせてしまいがちな危険な食品!」という記事で、インコに誤飲、誤食させてしまいがちな食べ物をご紹介いたしました。 ■以前の記事 「インコに食べさせてはいけない!つい食べさせてしまいがちな危険な食品!」へのリンク http://koromoiemon.seesaa.net/article/430731179.html?1464344330 た…

続きを読む

金属でできたインコ用オモチャは有毒な錆(さび)に注意!

インコはおもちゃが大好きです。 ずっと飼い主さんと一緒にいれるわけでないインコにとって、鳥かごの中のオモチャは「暇つぶし」や「好奇心を満たす」為、重要な役割を担ってくれます。 ペットショップに行けばたくさんの「鳥用おもちゃ」が有り、どれを買ってあげようか迷った事があるかと思います。 ただ場合によってそのオモチャがインコの健康にとって良くない影響を及ぼしてしまう事もあります。 スポ…

続きを読む

インコにも訪れる「反抗期」!?

インコは人間から見ると「ずっと可愛らしい姿」で、いつまでも子供のような見た目なので年齢を見分けづらいのですが、勿論しっかりとヒナ~幼鳥~若鳥~成鳥~高齢鳥と年を重ね、体だけでなく精神的にも成熟していきます。 そして、そんなインコには人間と同じように反抗期が存在するんです。 スポンサーリンク ■反抗期は順調に成長していっている証です。 挿し餌を親であ…

続きを読む

インコは夜は早めに眠るもの。人間に合わせた夜型生活は控えましょう。

よく鳥は暗闇で目が見えない「鳥目」と言われますが、インコは人間と同じ程度には暗闇でも目が見えていると言われています。 ですが野性として生きていた頃からインコは夜行性ではなく、昼行性の生き物です。日が昇ると活動をはじめ、日が沈むとじっとしながら眠ります。 それはペットとして人間と一緒に暮らすようになってからも同じなんです。 スポンサーリンク ■インコ…

続きを読む

イノダコーヒー本店には可愛いインコがいます!

創業1940年、京都市に本店を置くコーヒーのチェーン店「イノダコーヒー」(正式名称はイノダコーヒとの事ですが、本記事ではコーヒーと記載いたします)。 京都市の中心部、中京区の堺町通三条にある本店をはじめ京都市内に数点、また札幌や広島、横浜や東京にも支店があるそうです。 スポンサーリンク 「アラビアの真珠」という名前のブレンドコーヒーが特に有名で京都在住の常連…

続きを読む

美味しくてお洒落。新しい八ツ橋nikiniki(ニキニキ)

京都のお土産として有名な「八ツ橋」。 その八ツ橋を作って320年以上続く老舗「聖護院八ッ橋総本店」さんが新たな八ッ橋の食べ方を提案するお店、という事でnikiniki(ニキニキ)というブランドを2011年から展開されています。 色々なところで「お洒落八ツ橋」「アート系八ツ橋」「進化系八ツ橋」等と評判になっているnikiniki。私も本日初めて行ってきました! スポンサーリンク …

続きを読む

インコが喜ぶ遊び方!その3

以前「インコが喜ぶ遊び方!」「インコが喜ぶ遊び方!その2」という記事を書きましたが、どちらも好評のお声をいただきましたので今回は3回目「その3」としてインコが喜ぶ遊び方をご紹介いたします。 ■以前の記事「インコが喜ぶ遊び方!」へのリンク http://koromoiemon.seesaa.net/article/427072498.html?1459001647 ■以前の記事「イン…

続きを読む

骨折に注意!インコの骨は折れやすい

インコ等の鳥類は空を飛べるようになる為、長い年月をかけて体を進化させてきました。 まず一番目に見えてわかりやすいところは他の生物にはない「翼、羽根」を持っている事。鳥達の翼はとても巧妙にできていて、飛ぶための推進力を生み出したり、着陸する時にパラシュートの役目をしたりもします。 スポンサーリンク また、インコの全体重の4分の1を占めるとも言われている「発…

続きを読む

100円ショップ「セリア」で発見!インコ柄の手ぬぐい

以前に【100円ショップ「セリア」で可愛い鳥グッズをゲットしてきました!】という記事を書きましたが、あれからもちょこちょこと「新しい鳥グッズ、インコグッズはないものか?」とセリアさんに行っていたんですけど、本日とても素敵な手ぬぐいを発見しました! ●以前の記事に興味ある方はこちらをご覧ください 【100円ショップ「セリア」で可愛い鳥グッズをゲットしてきました!】へのリンク http:/…

続きを読む

スポンサーリンク