インコとオウムの違いって?

皆様はインコとオウムの違いってご存知ですか?
実は私は「インコ好き!」「鳥好き!」と普段から声を大にしてアピールしているくせに、そんな事も知りませんでした…。

小さい種類がインコ、大きい種類がオウムくらいに思ってたんですが全然違うですね。
勉強不足だったので今回調べてみました。

スポンサーリンク









頭に冠羽(かんう)があるのがオウム科。無いのがインコ科。

実はこんなに簡単な事だそうです。

オウム達には比較的体のサイズが大きい種類が多いそうで、その為「オウムは大きい種類」と勘違いする人が多いそうです。なるほどー。
そういえばヨウムとか凄く大きいのにインコですもんね。

なので、体の大小は関係なく【頭に飾り羽根が有るか無いかだけ】で見分ける事ができます。


では、ここで勘の良い方は「あの鳥はどうなんだ?」と既にお気づきかと思います。


そうです、あの頭の羽根飾りがとても可愛いオカメインコさん。
68.jpg
photo by nambon

オカメインコなのに羽根飾りがありますよね。
そうなんです、オカメインコは実は「オウム」に分類されるんです!知らなかった!


インコって名前に付いてるのに…。
このオカメインコ、オウム類では最小の種類らしいです。

ちなみに似たような存在としてモモイロインコも頭に羽根飾りがあるので、この種類もオカメさんと同じく「オウム」に分類されるそうです。

そういえば神戸どうぶつ王国で出会ったモモイロインコはオカメと同じく結構大きめだったような。


そして頭がツルッと丸いこの「インコ科」のインコ達。
67.jpg
photo by Kazuhiko Maeda

セキセイインコ等のように「インコ科」の鳥達は、頭が丸いだけでなく「色鮮やか」な特徴があります。

一部例外もいますがほとんどの「オウム」は白や黒などシンプル単色なカラーリングなのですが、「インコ」達は本当にカラフル!

カラフル過ぎて野生のインコ達は外敵に簡単に見つかってしまうんじゃないだろうか…等、いらぬ心配をしてしまったりします。大丈夫なんでしょうかね?

因みにセキセイインコの英名の「Budgerigar(バヂュリガー)」は、アボリジニがインコ達を呼んでいた「Betcherrygah(ベチエリィガア)」に由来すると言われていますが、その「Betcherrygah」とは「美味なるもの※」という意味だそうです…。

やっぱり外敵に捕まってるじゃないですか!なんで自然の保護色になろうとしなかったんだろう…。
見た目で自己主張しすぎですね、インコ達。


オウムとインコはそんな違いが有ります。知ると結構面白いですね。

※Budgerigar「 黄色い頭」「小さな頭」や「良いオウム」の意味があるという説もあります。セキセイインコ好きとしてはこっちの説の方でお願いしたいですね…。

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク