鳥目なの?インコの視力

「鳥目」という言葉があります。暗い場所では視力が落ちてしまい見づらくなってしまう事です。

この言葉から「鳥は暗闇でものが見えていない」と思っている人が多いようですが実は鳥達、暗闇でも人間並みに見えています

スポンサーリンク









私も「インコは鳥目で夜見えてない」と勘違いしていたので「インコ達は夜寝ている時に止まり木から落ちてパニックにならないんだろうか?」などとずっと要らぬ心配をしたりしていました。

実際、夜中に時々鳥かごの中でゴソゴソ動いてる音が聞こえる事もあったりで、どうやって真っ暗で見えてない中で止まり木から降りたり、また止まり木に戻ったしてるんだろう…?と。


鳥目について調べたところ…
●多くの鳥類が夜には活動しない(昼行性)
●ニワトリは夜に視力が極端に低下する
みたいな事からその言葉がうまれたそうです。なるほどー。

夜に活動する渡り鳥やフクロウだけが特別だと思っていましたが、よくよく考えたら野生の鳥達が夜中に全く見えず身動きがとれなかったら外敵に捕まり放題ですもんね。


インコ達も人間と同じ暗順応
では、どの程度見えているのかというと人間と同じように真っ暗闇の中では、インコ達も最初は何も見えていません。
暗い中にいると「だんだん目が慣れてくる」という感じで少しだけ見えるようになっていく【暗順応】という機能が目には有りますが、インコもその暗順応で暗闇でも見えるようになるそうです。

ただ、その暗順応が人間よりも時間がかかるようで、暗闇は人間より少しだけ苦手という感じのようです。


97.jpg

ただ、視力は凄い!視力は人間の3倍〜4倍。死角はほぼゼロ。遠近両方にピントを合わせるスーパーアイ!

インコを飼っている人なら「常にインコに見られているような気がする」「自分の一挙一動にインコが反応する」「まるでストーカーのように追って来られる」という経験をした事があると思いますが、それは実は当たり前の事なんです。


あなたがインコの姿が見える位置にいるなら、確実にインコはあなたの事をよりハッキリと見つめています。
ちょっと怖いですよね…。でもそれくらいインコ達の目は優れているんです。
これは野生に生きる鳥達が「離れた場所からでも葉っぱに付いている小さな虫や、森の中の種や穀物などを見つける為」「外敵をいち早く発見する為」のものです。

視力も良いし、かなり遠くのものまでピントが合う、さらに動体視力まで優れている。
なので実はインコ達はあなたの動作は勿論、ひょっとしたらあなたの瞬きや口の動きのような細かな部分までも離れた位置から観察しているかもしれないですよ。


視界は300度以上!
インコは両目を合わせると300度以上の視野を持っていると言われています。さらにインコ達は首をぐるっと180度まわす事までできるので、ちょっと首を振るだけで真後ろを含む全ての位置を見る事ができるんです。

例えば、そーっとインコ達の後ろに回り込んでもそんな行動もインコ達には文字通り全部お見通しなんです。
「インコ達の真後ろにいてもインコ達はずっとあなたの事を見ているんです」やっぱり怖い!


色もしっかり識別できる
動物でも犬や猫なんかはモノクロでしか見えないと言われますが、インコ達はバッチリ色を識別しています。
鳥達が異性に対して自分の羽根のカラーの美しさでアピールしている事を考えると、まぁ当たり前な事と言えば当たり前な感じでも有りますが。

鳥類は「人間が見ている景色ととても似ている景色を見ている」という説があります。飼い主とペットが同じ景色を共有しているっていうのは素敵な事ですね。

さらにインコは人間が見る事ができない「紫外線」も視認できるそうです。そういえば我が家のコロモさんも昔太陽の光の近くは怖がって近づかなかったりしてました。
紫外線ってどんな風に見えるんでしょうねー?


ひょっとしたらインコ達の目には人間と似た景色だけじゃなく「人間が見るより美しい世界」が映っているのかもしれませんね。

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク