インコは賢い?それともお馬鹿?

カラスや大型のオウムはかなり高い知能を持っているとよく言われていますが、インコもなかなか負けていません。
一般的にインコ達は2〜4歳児並みの知能がある言われています。

スポンサーリンク









とぼけた感じだったり、おマヌケな事ばかりする、そんなインコ達ですが実は賢いんです!
110.jpg


実際、我が屋のインコ達も「ひょっとして結構賢いの?」と思うような行動をとる事があります。

家族が外出から帰ってきた時に車のドアを「バタン!」と閉めたり、門扉を「ガチャッ!」と開け閉めするんですが、インコ達は部屋の中にいながらもその音を聞いて「呼び鳴き」を開始します。

外から聞こえてくる音は様々有るんですが、その中でも【家族が帰ってきた時の音を覚えている】【他の音と聞き分けている】という事なんだな、と感心したりしています。


調べたところインコの認知力は「イルカ」や「チンパンジー」並みという研究結果も出ているそうです、それは凄い!
賢いインコなら状況に合わせ自分の行動を変えているらしいです。
例えば「オハヨウ」という人マネ言葉は朝しか言わない、ご飯の前に「イタダキマス」と言う等、ちゃんとどういう状態で言葉を発すれば良いかまで理解しているんですね。

あんな小さい頭に入っている脳みそなんて小っちゃいと思ってたのに…インコさん馬鹿にしてゴメンナサイ。


勿論、賢いので人も見分けています。
インコを飼っている人なら「そんな事当たり前!」と思うかもしれませんが、インコ達はしっかり人間一人一人を見分けています。
家族の顔は覚えているし、臭いまで認識しているとも言われています。

なので、お客様など知らない人が来ると「人見知りする」「緊張する」「興奮して騒ぐ」と普段とは違う行動をとったりもするんです。
毎日顔を合わせ、話かけて、遊んで、馴れ親しんでいく程インコと飼い主の絆は深まっていきます!


自分の名前もちゃんと覚えています。
インコ達は自分の名前も覚えています。
インコに向かって色々な言葉を同じイントネーションで投げかけた時、「そのインコの名前で呼ばれた時が一番大きな反応を示す」という検証結果も出ているそうです。

我が家のインコでも試してみましたが、確かに。明らかに自分の名前で呼ばれた時に一番テンション上がっています。凄いな、賢いな。


自分がどこにいるかもしっかり把握しています。
インコ達は場所、空間もしっかり把握しています。自分の鳥かごは勿論、いつもの部屋のどの場所にいるかもしっかり理解しています。

ですので、いつもと違う部屋、違う鳥かご、通院時の車の中など、馴れない場所に行ったときは落ち着かずそわそわとし始めます。


そんな賢いインコ達、実は賢い分「自分たちがされた嫌な事はずっと覚えている」そうです。
そして意外と執念深いそうです。賢いインコ達に嫌な事を覚えさせないよう、優しく丁寧に接していってあげるようにしましょう。


しかし、我が家のイエモンさんが急に凶暴になったのも、ひょっとしたら気づかないうちに恨みを買うような事を誰かがしてしまったのかもしれない…。明日イエモンさんに謝っておこう。

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク