インコが過ごしやすい温度って?

最近すっかり秋らしく涼しくなり、過ごしやすくなってきました。
エアコンがなくてもちょうど良い気温って素晴らしいですね!

人間は25度くらいが適温と言われますが、ではインコ達はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク









インコの適温目安は20~30度くらいが良いと言われています。
ただ、ヒナ・幼鳥、病鳥、老鳥だともう少し高めの28度から32度くらい、暖かい環境にしてあげてください。

126.jpg
インコ達は元々はオーストラリア等暑い国、昼と夜の温度差が激しい国からやってきているものがほとんどです。
なので比較的温度の変化に強い生き物なのですが、やはり人と暮らすために繁殖してきたペットとしてのインコ達は野生のものよりは温度の変化に弱く、人間が調整してあげないと体を壊してしまう事もあります。

上記を参考に、暑すぎない、寒すぎない環境を作ってあげてください。


ですが、一定の温度を保ちすぎると「メスは発情し卵を産んでしまい」「オスは過剰に換羽が起きてしまいます」。また温度変化に対する免疫もつかない弱いインコになってしまいます。
過保護にしすぎず季節によってはある程度の温度変化のある環境に置いてあげる事も大切です。


もちろん、急激に暑い・寒い時はインコ達はボディランゲージで状態を伝えてくれます。
暑い時は羽根を広げ口をパクパク、寒い時は羽根を膨らませて丸まります。その様子を見て調整してあげるくらいで大丈夫です。多少暑かったり、寒かったりしてもインコは結構元気でいるものです。
(勿論、ヒナや老鳥、病気の場合はしっかりと温度管理をおこなってください。)


夏場は高すぎる湿度にも注意!インコの快適な湿度は60%くらい
温度よりも日本の夏のじめっとした湿度の高さも体調を崩す原因になります。湿度管理も気をつけてあげる必要があります。
ただ、これも気温と同じで快適すぎると子育てに適した環境と思ってインコ達は「発情したり、どんどん卵を産んで」しまいます。
発情や卵はインコ達を弱らせてしまいますので、季節の変化に合わせ、多少湿度が低かったり、高かったりする環境でも慣れてもらうようにしましょう。


暑さには強いですが寒さはちょっと苦手
寒い時インコは羽根を膨らませますが、これは羽根の中に空気を溜め込み体温が下がらないようにする為です。

インコは暑い国出身なので暑さには強いですが、寒さはちょっと苦手です。これから冬になると朝晩の冷え込み、また飼い主さんが皆外出している時は部屋の中の温度がかなり下がってしまう事があります。

ペットヒーターなどを適切に使い温度を調整してあげるようにしましょう。

ただ、寒さでも同じく健康なインコの場合はそこまで神経質になる必要もありません、常識的に考えて寒すぎない温度になっているなら多少寒くても大丈夫です。

ただ、産まれてから初めて冬を越すインコの場合は丁寧に温度管理をしてあげましょう、二年目からは免疫もできるのですが初めての冬で体調を崩すケースも多いようです。


また温度調整する際は「クーラーの場合、風が直接インコにあたらないようにする」「ペットヒーターはやけどしないよう設置する」など気をつけてあげないといけません。

大切な事は「自動で室温を保つ・快適な環境にしっぱなしで放っておくのではなく」四季変化する環境の中で強いインコに育ってもらう為、インコ達の様子をちょこちょこと観察しながらサポートしてあげる事だと思います。


我が家のインコ達も過保護にしすぎてちょっと発情気味、甘やかし過ぎを反省しています…。

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク