インコはほっぺたを掻いてもらうのが大好き

インコ達は頬や頭、首の後ろなんかを掻いたり、撫でてもらうのが大好きです。
我が家のインコもしょっちゅう飼い主たちの指にぴたっと張り付いて「撫でて〜」「掻いて〜」とアピールしてきます。

スポンサーリンク









インコ達は毎日、頻繁に羽繕いをして体の汚れをおとします。
その時、くちばしを使い、背中、胸、尾羽、翼、翼の裏などを丁寧にお手入れするのですが、ほっぺたや頭なんかには勿論くちばしは届かないんですね。

なのでその部分はどうやら痒いらしいんです。

たまーに足で頑張ってかきかきしたり、止まり木の角なんかにこすりつけたりしているんですが、やはり満足にはできないようです。
そこで信頼関係のできた仲間のインコや飼い主達に掻いてもらうわけです。
81.jpg
撫でたり、掻いたりしてあげるとインコ達は目をとろーんとさせた至福の表情を見せてくれます。
気持ち良さそうです。この顔に癒されるんですよね〜。

我が家でも飼い主とインコ達のコミュニケーションとして暇があればほっぺたや頭、首回りを撫でたり掻いたりしてあげています。

この時、爪をたててガリガリとせず、インコの皮膚を痛めないよう優しくコリコリと掻いてあげるようにしてください。そうするととても喜びます!


飼い主の指だけでなく止まり木なんかでもこのように器用にかきかき…。
06.jpg
イエモンさんは噛み癖があるのでなかなかほっぺた掻かせてくれないんですよね〜。

そういうインコに無理矢理指を近づけると余計怒らせてしまうので、あくまでインコが掻いてほしがる時だけ掻いてあげるようにしてあげてください。

インコが自分で痒いところを掻けるおもちゃなんかもペットショップに売っていますので、そういうものをカゴに付けてあげると良いかもしれませんね。


ただ、発情しがちで人間大好きすぎるインコに「ほっぺたかきかき」しすぎると、発情を促してインコが体調を崩すこともあります。
発情している時期はインコの体の事も考えて、甘やかしすぎない、構いすぎないようにする方が良いかもしれませんね。


鳥を飼った事がない友人なんかは「まさか鳥がこんなに人懐っこいなんて」とインコ達と遊んで驚きます。

確かに、野生の鳥しか見た事がないと鳥が人間にこんな風に撫でてもらいたがるなんて夢にも思わないでしょうね。
08.jpg

この甘えん坊さ、人懐っこさもインコ達の魅力ですね!

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク