インコを放鳥するのはどれくらいの時間が良いの?

インコ達は飼い主と遊んだり、走り回ったり、飛び回ったりするのが大好きです。
しかもかなり好奇心が強い生き物ですので、見飽きたものしかない退屈な鳥カゴの中にいるより、放鳥してもらって部屋の中で自由に行動できるととても喜びます。

スポンサーリンク









ただ「喜ぶから」「楽しそうだから」というだけでずっと放鳥してあげる、というのも実は一概に良いとは言えないんです。


そもそも放鳥時間はどのくらいがいいのでしょうか?
165.jpeg

適切な放鳥時間というのはありませんが、毎日朝1時間放鳥する、昼夜に30分ずつ放鳥する、など飼い主さんによって様々だと思います。


まず注意したい事は
飼い主さんが無理なく継続していける習慣を付けられるかどうか
という事が重要です。

インコを家に迎え入れてはじめのうちは気合いを入れて毎日長時間放鳥してあげていたけども、仕事や他の用事に追われ段々と放鳥の時間を作ってあげられなくなっていく。

そんな事になってしまうとインコ達は「いつも鳥カゴの外で遊んでもらっていたのに急に閉じ込められるようになった」と思いストレスを貯めてしまいます。

飼い主さんが無理をせずに、同じペースで放鳥してあげられる習慣を付けるようにしてください。インコ達も我慢する事になれると、鳥カゴの中にいる時間は鳥カゴの中で快適に暮らすようになってくれますので。



鳥カゴから出ている時間の方が長かったり、鳥カゴから出しっぱなしはNGです!


インコ達を「部屋に放し飼いにしたり長時間放鳥させる方がストレスを貯めないだろう」と思いがちですが部屋の中で自由にいられる状況を普通と思ってしまうのは良くありません。

そうなると上記に書いたように鳥カゴに戻った時に過度のストレスを感じてしまうようになります。

「うちの家は寝る時以外は鳥カゴに入れないからそんな心配ない!」
と思う方もおられるかもしれませんが、もしインコが怪我をしたり病気になってしまった時、治療や保温が必要になるのでできるだけ安静にできる場所にいてもらわないといけなくなります。
それは鳥カゴだったり、ひょっとするともっと狭いプラスチックのケースの中等かもしれません。

そうなった場合、部屋の中という広い場所で過ごすことに慣れてしまっているインコさんは、ただでさえ怪我や病気で体に負担がかかっているのに、なれない狭い場所に入れられる事で余計にストレスがかかってしまいます。


また放鳥し続けているとどうしても飼い主さんが目を離す時間ができてしまいがちです。
その時に「うっかりと窓から外に出てしまう」「部屋の中の危険な場所に行ってしまう」「口に入れてはいけないものをかじってしまう」「インコがいる事に気づかず踏んづけてしまう」などの事故にも繋がってしまいます。

放鳥を楽しませてあげる事は大切ですが、やはりある程度鳥カゴの中で暮らす生活にも慣れてもらうようにしてあげてください。


また、鳥カゴの外にいる時間が長くなりすぎてしまうと「部屋全体=縄張り」「鳥カゴ=巣」と認識してしまいます。
そうなると「鳥カゴ=巣」に戻った時に発情してしまい、メスのインコなら卵を産み続け体調を崩してしまったりします。

しっかり鳥カゴを自分の縄張りと認識してもらうように、基本の生活スペースは鳥カゴの中にしてあげましょう。


私も鳥カゴの中のインコ達と目が合ったときの「外に出して!遊んで遊んで!アピール」にやられてついつい放鳥してしまいそうになりますが、インコ達の為に必要以上の放鳥は控えるようにしています。

そんな時は近くによって話しかけたり、指で撫でたりしてあげるようにしてください。インコ達は飼い主さん達と会話したり、ちょっと触れ合うだけでも充分楽しんでくれますので。


と、放鳥に関する注意点をいくつか書きましたが、「やはり放鳥はインコ達にとって至福の時間帯」です。
適切な放鳥をおこなってインコさんとコミュニケーションを楽しんでください!

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク