実はやきもち焼き?インコも嫉妬する

実はインコ達はかなりやきもち焼きなんです。
多鳥飼いされている方なら経験があるかと思いますが、一羽のインコを撫でたりしているともう一羽が「自分も遊んでくれー!」とアピールしてきたりします。

スポンサーリンク









あと、自分以外に関心がうつることも嫌います。
放鳥時にインコではなくテレビやスマホ画面を見ていたり、本を読んでいたりすると、指を噛んできたり「自分の事を見ろ!」と言わんばかりに飛んできたりします。

愛情深い生き物なだけに、自分以外に関心が向く事に納得がいかないみたいですね。


そして優先順位にもこだわります。自分が一番!というのがインコの主張。


多鳥飼いをしていると別のインコの鳥かごの中を気にするインコが多いようです。

「あいつの鳥カゴはどんな感じなのか?」「自分より良いものを食べていないだろうか?」「楽しいおもちゃが置いてないだろうか?」まるでそのようにチェックするわけですね。


我が家のインコも例に漏れずお隣さんのお宅チェックをしていました。


水色インコのコロモさんと、黄色インコのイエモンさん。
放鳥してもらって二羽仲良く遊んでいたんですが…
197.jpg

隙をついてコロモさんがイエモンさんの鳥かごに侵入
198.jpg
割と隅々までチェックしていました。勿論エサ箱の中もつついてみたり…

すると「私の家で何してるの!?」とばかりにイエモンさんが飛んできました。
おどろくコロモさん。
199.jpg

じっと睨み合う二羽。
200.jpg

プレッシャーに負けてコロモさんが「お邪魔しました〜」と逃げていきました。
201.jpg


このようにインコ達は常に飼い主さんや仲良しのインコにとっての「一番になる為」、日々やきもちを焼いてみたり、嫉妬の炎を燃やしたりしているのです。


この愛情深さもインコの魅力の一つかもしれませんねー。

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク