インコは別の動物と一緒に暮らしても大丈夫?

インコ達はとても好奇心が強く、人間だけではなく色々な生き物と仲良くなります。
よくテレビやブログなんかで飼っている犬や猫なんかとも仲良くしている写真や映像があったりもします。

ただ、インコ達は別の生き物と一緒に暮らして大丈夫なんでしょうか?

スポンサーリンク









74.jpg
相性が良ければインコ達は様々な生き物と仲良くなります。


インコは小さな生き物なので自分より大きな動物と暮らすと危険な事が多いです
インコ達は小さな生き物なので、自分より大きな動物に乗っかられてしまうと骨折等大きな怪我をしてしまいます。

インコは活発に動き回る生き物ですが、部屋の中に放鳥している時間が長いと思わぬ場所で静かに留まり、ゆっくりと過ごしている事があります。
そんな場合人間ですら「飼っているインコがまさかそんな場所にいるとは思わなかった」と踏んづけてしまうような事故が結構起こっているそうです。

人間ですらそんな事が起きるのに、一緒に飼っている動物達がどれだけ「普段インコ達に優しく接している」とはいえ事故が起きてしまうリスクは考えておかないといけません。


草食で穏やかな動物となら大丈夫?
例えば亀やウサギ等、穏やかな草食動物となら比較的一緒に暮らしていても危険は少ないでしょう。ただ上記に書いたように何がきっかけでインコが怪我をするかわかりません。
他の動物と一緒に部屋の中で遊ばせる場合、飼い主さんがしっかり見ておいて長時間は避ける方が良いかもしれません。

また、仲良くさせる場合も無理に近づけず、ゆっくり少しずつ近づけるようにしましょう。


犬や猫など肉食の動物と一緒に遊ばせるのはNGです!
犬や猫はとても賢い動物です。インコ達が自分より小さく弱い生き物で、大切に扱ってあげないといけない、という事までしっかり理解しています。

ただ、やはり人間程は賢くありません。犬や猫は遊んでいるつもりでも、ちょっと力加減を間違えるだけでインコが大怪我をしてしまう事があります。
動きも早く活発なので上記で書いたようにインコが犬や猫の下敷きになってしまう事もあります。


また、やはり犬や猫は本来肉食です。野生の中に入れば鳥は補食対象であり、狩りの対象です。

毎日仲良く、穏やかに暮らしていたとしてもどのタイミングでその「野生のスイッチ」が入ってしまうかは人間でも予測できない事があります。


実際に「何年も仲良く一緒に暮らしていた犬や猫にインコが食べられてしまった」という事例も多いと聞きます。
それは決して、犬や猫が悪いわけというわけではなく、生き物としての本能がそうさせてしまう事があります。本来犬や猫がそういう生き物であるという事を飼い主さんが理解しておかないといけません。


勿論、一生仲良く暮らすというケースも有ると思いますが、そういう危険も考慮して犬や猫等肉食の動物とは同じ部屋で遊ばせないようにしましょう。
インコも好奇心が強くやんちゃなので犬や猫に噛み付いていって挑発してしまう事も多いので…。


大切なペット同士が悲しい事故を起こしてしまわないよう、飼い主さんがそれぞれ適切な距離感で一緒に仲良く暮らせるようにしていってあげましょう。

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク