京都御苑(御所)でバードウォッチング その2

前回に続きまして、京都御苑(御所)バードウォッチングです。

(京都御苑(御所)でバードウォッチング その1へのリンク)
http://koromoiemon.seesaa.net/article/428116722.html

「出水の小川」から北に向かって「野鳥はいないかな?」ゆっくりと歩きます。

スポンサーリンク









293.jpeg
少しずつ日も落ちてきましたが、それもまた木の影が伸びとても奇麗です。

きょろきょろ周りを見渡しながら歩いているとハクセキレイがいました。
293.jpeg
ハクセキレイというと最近は「駐車場の鳥」としてよく見かけますね。

もともと水辺の鳥だったハクセキレイが、何故最近駐車場等の場所に生息しているのか理由ははっきりしていないんですが「見晴らしがよくて天敵の接近がすぐわかる」「人がよくいるので他の鳥が近づいてこないから安心」などの理由が有力なのだそうです。

ハクセキレイは歩く姿も飛ぶ姿もとても可愛いですよね。歩くときはお尻をピコピコ振り、飛ぶ時はまるで空中を跳ねるように「ヂョン!ヂョン!」と鳴きながら飛んで行きます。
今では全国の至る場所にいるので結構どこでも観れますが、とても好きな鳥です。


あと、カメラの性能が低いのでとても見づらい写真になっていますが、スズメの群れも御苑内そこら中にありました。
295.jpeg
こうして見ると、スズメ達は自然の色の中では保護色になるようなカラーリングなんですね。地面にしっかりとけ込んでします。
ここはまだ緑色の芝なので多少見やすいですが、落ち葉の地面の上でじっとしていたらきっとスズメの存在に気付かないことでしょう。

上空から姿を隠す木々の葉っぱが無くなる冬の時期、地面に降りてエサを探すことが多いスズメにとっては、枯れ草・落ち葉と同じような配色でいる事は天敵から身を守る手段なのかもしれないですね。


つづいて凝華洞跡に来ました。
296.jpeg
案内図にはこのあたりにはコゲラ等がくると書かれています。

ここには本当に大きな大木があります。(これが有名なオオイチョウでしょうかね?)
戦争の被害も受けなかった御苑内にはとても大きな木がたくさん有ります。
297.jpeg
ここは勿論神社等ではないんですが、これだけ大きな木の前にいると神々しいものを感じて少し敬虔な気持ちになってしまいます。


ここでもやはり大きなカメラを持ちながらバードウォッチングをしている方とすれ違います。そりゃこれだけ立派な木々がある場所なら鳥達も寄ってくるでしょう。

至る場所から小鳥の鳴き声が聞こえてきます。

鳥の姿は捉えることはできなかったんですが森林浴を楽しんですっかり癒されました。


次は御苑でも一番多くの種類の鳥がやって来るという「バードバスと呼ばれる鳥の水浴び場」が設置されている場所に向かいます。


途中、何かをコツコツと地面にぶつけて割っているカラスを見つけました。
298.jpeg

やっぱりカラスは賢くて器用ですね!どうやら割っているのはドングリなどの木の実のようで、中身を美味しそうに食べていました。

ちょっと地面を見るだけでもそこら中にドングリが落ちているので、食べられる鳥達にとっては今はとても良い時期なんでしょうね。
299.jpeg


てくてくと歩き、バードバスに到着しました。
300.jpeg
この柵の奥に
301.jpeg
こんな感じで水がチョロチョロと流れて溜まっているバードバスがあります。

このバードバスにくる鳥を狙って多くのバーダーさん達が訪れるそうです。

周りには御苑にやってくる野鳥紹介の看板もありました。やはりこの場所は御苑の中でも有力なバードウォッチングスポットなんですね。
303.jpeg
302.jpeg

一年中見られる野鳥として
メジロ、ヤマガラ、エナガ、シジュウカラ、コゲラ、モズ、セグロセキレイ、イカル、ムクドリ、ヒヨドリ、キジバト

春、秋の野鳥は
キビタキ、コマドリ、オオルリ、ノゴマ、ヒレンジャク、サンコウチョウ

冬の野鳥は
マヒワ、ジュウビタキ、ルリビタキ、カシラダカ、アオジ、ビンズイ、シメ、ツグミ、シロハラ

等が見られると書いてありました。良いなー、全部見たいもんです。
御苑内には上記だけでなく、なんとオオタカのような猛禽類も含め100種程の野鳥が訪れるそうです。本当に素敵な場所です。

このバードバスの近くには鳥小屋も設置してあったり
304.jpeg
何の鳥が入るんでしょうね?この日はどうやら留守のようでした。


最後に「近衛池」この付近にはオオルリやキビタキ等がくるそうです。
305.jpeg

ここには立派な「しだれ桜」が有りました。ここも春になったらとても奇麗なんでしょうね!
306.jpeg

鳥、ではないんですが池の横でゆっくり過ごしている猫がいました。
307.jpeg
可愛いですねー。何とも言えない風格のあるにゃんこです。

にゃんこと言えば御苑内には結構猫も多くいました。
308.jpeg
猫の前で座り込んで撮影している人もいて、猫達もとても人懐っこかったのです。


御苑内をゆっくり散歩して、鳥の声が聞こえたら双眼鏡で見て、としていたら気づけば1時間半くらい歩いていました。

この日珍しい鳥は見れませんでしたが、この場所にいるだけでゆったりとした気持ちになりストレス解消、リフレッシュできました。
また気分転換、ちょっとした運動をしたい日にはここに来ようと思います。紅葉の時期、雪の日、桜の時期なんかはとても奇麗でしょうし!


興味ある方は是非、京都御苑を訪れてみてください!

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク