京都鴨川でバードウォッチング

京都と言えば鴨川!休みの日も平日も「運動したり」「犬の散歩をしたり」「日光浴したり」「楽器を吹いたり」「パフォーマンスの練習をしたり」「ゆっくり座って話をしたり」等、多くの人がこの場所に訪れています。

スポンサーリンク









勿論、人間だけでなくこの川には多くの野鳥もやってきます。
よく見かけるトビ(トンビ)、メジロ、ヒヨドリ、スズメ、カラス、スズメ、鳩、カワウ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、ユリカモメ、鴨(カルガモ、マガモ、オナガガモ、ヒドリガモ)、サギ(コサギ、ダイサギ、アオサギ、ゴイサギ)だけでなく、イソシギやカワセミなんかも見ることができるそうです。

その鳥達の姿を見ようとバードウォッチングをしにくる方もちらほら。
私も今日はゆっくりと野鳥観察もしながら鴨川を散歩してきました。
333.jpeg
334.jpeg
鴨川は至る場所から川横の歩道に降りれるようになっています。

川のせせらぎを聞きながら歩いているととても気持ちよいですね!
335.jpeg

最近雨が少ないのですっかり水かさが減っていました。
いつもは水が有る場所も干上がって行けるようになっていましたので歩いていくと
336.jpeg

いました、ダイサギでしょうか?
337.jpeg
一生懸命水の中を覗いています。魚を探しているんだろうか、と見ているとこの後、見事にパクっと魚を捉えていました。やるなぁ!

鴨川は川魚もたくさんいますので、野鳥にとってはとても良い餌場なんでしょうね。

ひたすら、ぼーっとするアオサギもいました。
338.jpeg
何をするわけでもなく、ただただぼーっとしていました。

とりあえずサギを見たければ鴨川、と言うくらいいつ来てもサギ達はいます。
サギ達のおっとりした動きには癒されますね〜。

あと、サギだけでなく鴨川と言うだけあって鴨も本当によくいます。
この日もそこら中で鴨を見ました。マガモでしょうか?
340.jpeg
341.jpeg
鴨達も頑張って水の中に頭を突っ込んでいました。こちらも食事中ですかね。
水の中で足をバタバタ動かして泳いでいる姿が何とも言えず可愛らしいです。


その他にはカラスも忙しそうに水辺をつんつんつんつんと突いていました。
339.jpeg
何食べているんでしょうね?魚は捕まえていないようでしたけど、底に何か貼付いているんでしょうか?


あと、鴨川と言えばトビ(トンビ)もたくさんいます。この日もびゅんびゅん飛んでいました。
342.jpeg
343.jpeg
京都に住んでいる人間には有名な話なんですが「鴨川で食べ物を食べ歩くのは危険!」です。

トビが凄いスピードで急行下してきて、人間達の食べ物を奪っていくんです。
「シートの上に広げていたサンドイッチを持って行かれた」なんていうのは可愛いもので「手に持っていたハンバーガーを奪われた」なんて話もざらで聞きます。

鴨川沿いで食べ物を食べる方は気をつけてください…。


さて、帰ろうか、と鴨川横の歩道から上がろうとした時、鴨川の西側横に流れる小さな川「禊川」にマガモの夫婦がいました。
344.jpeg
こ、こんなところにもいるんですね。かなり人間と距離が近いですが鴨達は気にしていないようです…。

しかも
345.jpeg

首を背中に突っ込んで熟睡モードでした。可愛いですねー!
346.jpeg


こんな感じで気軽に多くの野鳥を見る事ができる鴨川。
ゆったりした空気が流れる場所でバードウォッチングは勿論、ただ散歩しているだけでも楽しい場所です。

是非、皆様も京都に訪れる際は鳥達を見つつ鴨川を歩いてみてください!


スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク