インコは実は散歩が大好き!

インコを鳥かごから出して放鳥している時、トコトコトコっとそこら中を歩き回る事があります。
「鳥なんだから飛ぶ方が早いのに…」とか「せっかく広い室内なんだから思いっきり飛び回ればいいのに…」と思うんですが、インコからするとどうやらそうでもないようです。

スポンサーリンク









541.jpg

■実はインコも飛ぶのは大変
インコを飼っている人なら何となく気づいていると思いますが、実はインコも飛ぶのは大変。飛び回った後はハァハァと息を荒らくしている事もあります。
鳥はずっと飛んでいるものと思いがちですが、実はインコ達にとってもゆっくりと歩いている方が体力的には楽で快適なんです。

■インコは飛ぶよりも歩く方が好き?
野生のインコは一日でかなりの距離を飛行すると言われていますが、それでも飛ぶだけでなく近い場所への移動なら歩いて移動するし、また地面に降りて遊んでいる事も多いそうです。
そのようにどちらかと言うと歩く方が好きな生き物なんだそうです。
なので、飼っているインコが放鳥時に飛ばずにウロウロと歩き回ってばかりいてもあまり心配する事はないようです。
ただ、そんなインコ達もやはり本能でしょうか?無性に飛びたがる時があるようです。鳥かごの中でバタバタ羽根を羽ばたかせて飛びたいアピールをしてみたり…。そんな時は部屋の中をぐるっと何周か飛ばせてあげるだけでも「飛びたい欲」が解消されるようなので、少しだけ飛ばしてあげるようにしましょう。
(インコがアピールしている度に放鳥して飛ばすくせを付けるとワガママになってしまいアピールを繰り返す事も有りますので、アピールに応えるのもほどほどに。)

■ストレス解消・運動不足にならないように多少は飛び回らせてあげましょう
上記に書いたようにやはり鳥です。散歩好きと言っても飛びたい欲求が爆発する時もあります。
またあまりに飛ばない生活をしていると運動不足で肥満につながってしまう事もあります。「最近あまり飛ばせてあげていないな」という時は、少しの時間で大丈夫なので放鳥して飛ばせてあげるようにしましょう。

■散歩好きのインコはそこら中に移動します。危険がないように注意しましょう。
インコの歩くスピードはかなり早く「いつの間にあんな場所に?」と思う事もしばしば。
大好きな飼い主さんの後をついて歩いてきたり、またソファの上やシーツの中など見づらい場所に潜り込んでゴソゴソしているくる事も多く「踏んづけてしまった」「ドアの開閉に巻き込まれてしまった」等、放鳥時の事故も多いようです。
また、かなり目が良いので「興味のあるもの」が部屋の中に有れば目ざとく発見。それに向かって一直線に走っていき、インコにとって危険な物でもお構いなしにつついたり、かじったり、飛び込んでしまったりします。
放鳥時はインコがどこで何をしているか常に見ておくようにしてあげてください。


人間が気分転換に散歩をして風景を眺めるのが楽しいように、インコも歩き回って色々な物を見る時間をとても楽しみます。
インコが大好きな散歩で快適に歩き回れるよう家の中を安全にして、楽しい放鳥の時間を作ってあげてください。

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク