インコが高いところに行くのは「いばりたい」から!

インコはご存知のように空を飛びます。人間では乗る事ができない戸棚の上などにもひょいっと飛んで簡単に登ってしまいます。
インコによっては高いところが好きで、鳥かごから部屋の中に放鳥したらすぐに高い場所に行こうとする子もいます。
ただ、この「高いところにいく行動」、時々高い場所に行くくらいなら大丈夫なのですが、頻繁に高い場所に行く場合は実はインコのしつけにはあまり良くないのです。

スポンサーリンク









564.jpg

■インコの世界では高いところにいるヤツが偉い!
元々自然界で暮らしていたインコは補食される事が多い生き物でした。ヘビ等地上にいる生き物にも天敵がいますが、多くは同じ鳥である猛禽類の「タカやワシ」等でした。
タカやワシはインコの遥か上空から凄まじいスピードで飛んできてインコ達を補食します。なのでインコ達は上空の様子も伺いながら生き続けてきたのです。

その習性、本能がペットになったインコ達にも今も残っているので
【自分より高いところにいる生き物は危険=自分より強い】
 ↓
【身を守る為には高いところに行こう】
 ↓
【高い場所にいる自分(インコ)は下にいる飼い主さんより強いぞ!】
 ↓
【自分(インコ)は飼い主さんより偉いぞ!】
という風に考えるようになってしまうんです。


■飼い主さんより偉いと勘違いしたインコはワガママ、凶暴になる事も。
人間でもそうですが「自分の方が相手より偉い」と思っていると、なかなか相手の言う事を素直に聞き入れづらかったりしますが、インコも同じです。
飼い主さんより偉いと思っているという事は「飼い主さんの事を自分より下に見ているという事、馬鹿にしているという事」です。

どんなペットを飼う場合でも動物が人間の事を馬鹿にしているとしつけも上手くいかず、あまり良くない関係になる事が多いです。

「優しくして、多少甘やかして育てる」という事とは違い、ある意味では「信頼関係が無い状態」であり、それは人間に飼われるインコとしても幸せではない状態です。


■飼い主さんの頭にすぐに乗るのも同様に要注意です。
上記と同様の理由で飼い主さんの頭の上に乗る習慣を付けるのはよくありません。相手の頭より高いところにいる事でインコは自分の方が偉いと勘違いしてしまいます。


■ただ、短絡的に「クリッピング(羽根切り)」をしないでください。
高い場所に行くからといって「インコが飛ぶから悪いんだ」と考え、クリッピングを行わないようにしてください。
以前、クリッピングについても記事を書きましたが、クリッピングはインコにとってかなり害が有ります。ショックで鬱病のようになってしまうインコもいます。
高い場所に行く行動はしっかりとしつけをしてあげれば直ります。焦って簡単に羽根を切ってしまう、等は極力避けてください。

【参考ページ「インコにクリッピング(羽根切り)をする?しない?」へのリンク】
http://koromoiemon.seesaa.net/article/426934263.html


ではインコが高い場所に頻繁に行ってしまう場合どうすれば良いのでしょうか?
対策方法としては…
■鳥かごは床や低い棚等、人間の目線より低い場所に置きましょう。
■放鳥時高い場所に登る場合すぐに降ろしてください。
■何度も高い場所に登る場合、一度低い場所に置いてある鳥かごに戻ってもらい反省してもらいましょう。
■飼い主さんの頭に乗るのはNGです!手の上か最低でも肩の上の高さで。


高い場所に登る習慣が付いてしまったインコはすぐに言う事を聞かず、上記のような対応をしてもそれでも諦めず何度も何度も高い場所に行きたがるかもしれません。

インコは我慢強く懲りない、かなり頑固な生き物なので…。

ですが、インコはとても賢い生き物でもあります。気長に行動を正すようにしつけをしていけば、気づけばいつの間にか「高い場所に登っちゃいけないんだ」という事をちゃんと覚えてくれています。
ポイントは飼い主さんは「焦らず、怒らず、落ち込まず」です。

飼い主さんがイライラすると、飼い主さんもインコもお互いストレスが溜まってしまいます。「ゆっくりと、少しずつ賢くしていってあげる」くらいどーんとゆったり構えながら教えていってあげるようにしてください。

スポンサーリンク










この記事へのコメント

  • 読者

    高い場所を好むのは、常に安心するように本能的欲求に思います。
    人間を見下すとは違います。
    人間に噛むのもペアでも凄い喧嘩もありますので、鳥は凶暴な一面がある性質に思います。

    その他、凶暴になるのは、大空を飛ぶ鳥を狭い環境で真逆に飼うからイライラしているんだと思います。

    狭い鳥カゴに玩具を吊るし、ほとんど1日中閉じ込め、温度管理して餌を与え、栄養バランスや性ホルモンが崩れ、今度は発情問題で悩み、肥満になって玩具や巣にひっかかったり激突して死ぬ。

    野生より長生きはしていると思いますが、高い場所云々より、あまりに鳥の本能に逆らう環境にイライラすると思います。上下関係より恋愛関係に近いです。

    哺乳類と鳥類は全く違う生き物で哺乳類である人間に合わせたら、鳥類には合わないのです。

    2016年08月10日 00:16
  • 管理人

    正に仰るように私自身もペットという形でのインコと一緒に生活をしている姿を見て不自然だと感じる事があります。また、逆に生物学では「ただ命を奪われるためだけに存在する家畜」も種を続ける為に食物連鎖の頂点に立つ存在の人間を利用しているとも考える事ができるそうです。
    ただ、それはどちらも人間のエゴや視点であり動物をペットとして扱うという事は明確な答えがない、とても難しい問題だとも思います。
    その状況の中で「ペットとして暮らす生き物が今より僅かでも豊かに暮らす為」の協力ができれば、と思い当ブログを運営しております。
    とても貴重なご意見、ありがとうございます!
    2016年08月11日 15:28
スポンサーリンク