インコの頭から固いトゲみたいなものが生えてくるのは何?

インコを飼っていると定期的に頭等から「とげ」「角」「ストロー」みたいなツンツンとしたものが生えてくる事があります。
インコの羽毛はふわふわなので、急に固いものが生えてきてはじめて見る方はビックリしてしまうかもしれません。

スポンサーリンク









私も小さな頃、はじめてインコを飼ったときにそれを見つけ
「寄生虫じゃないか?」「虫に卵を植え付けられたんじゃないか?」「それとも病気?」なんて事を考え不安になった事がありました。

でも心配いりません。
それは筆毛(ふでげ)といって新しい羽が生えてくる時、固い筒状のさやに包まれている状態なんです。
羽根が生え変わる途中段階ということですね。

840.jpg

この筆毛。成長と共に先の羽毛が大きくなっていき、固い筒状のさやはフケのようにパラパラと崩れ落ちてなくなり、綺麗な新しい羽根が完成します。

02.jpeg
そして、見慣れたいつものふわふわの羽毛に生え変わります!換羽完了。


この筆毛ですがインコが痒そうにするのでかいてポロポロと崩してあげる、という飼い主さんも多いそうです。

ですが実は筆毛状態の生育期の羽は多量の血液が循環しています。むりやり折ってしまったり、まだ崩れる時期でないのに損傷してしまうと多量出血する可能性があります。
また筆毛は地肌と直結しているので、何かのきっかけでそこから雑菌が入ってその部分が「禿げ」になってしまう恐れもあります

勿論、絶対に無理矢理引っこ抜いたりしないようにしてあげてください。上と同様の理由で出血していまいます。


等々の理由から私個人的には「換羽は自分で自然に完了してもらうようにする為、筆毛には触らない」としていますが、自然界のインコ達はお互い筆毛をほぐしあって愛情を深める事もあるそうです。

なので、インコの飼育にとても馴れている方なら「筆毛の周りの筒が崩れそうな、触っても大丈夫なタイミング」で頭等をかいてあげてほぐしてあげるそうです。
これはインコととても良いコミュニケーションになるそうなので「筆毛についてしっかり理解できている」「インコが飼い主さんに触られる事を嫌がらない」なら、かきかきとしてあげるとインコもとても喜ぶと思います

ただ、まだ崩れる時期でない筆毛を触ってしまうとインコが痛がる事があります。
そんな時は絶対に触らないようにしてあげてください。


またツンツンとした筆毛が生えて来る、羽が生え替わり時期はインコは普段より体力を消耗しているうえに、かゆくてストレスを溜めていたりします…。
そんな繊細になっている時期でもありますので、嫌がるようなら「無理にインコを触る、過剰に構う」事は控える方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク










この記事へのコメント

スポンサーリンク