インコは飼い主さんの気を引くエンターテイナー

人間の手によって大切に育てられたインコは「仲間であり、親のような存在である飼い主さん」の事が大好きになります。
また、野性の頃に仲間のインコ達と集団で暮らしていた本能が残っているのか「仲間である飼い主さん」と同じような行動をとりたがります。

スポンサーリンク









931.jpeg

飼い主さんがお昼寝をしていれば自分もうたた寝をして、飼い主さんが食事をしていれば自分も餌を食べ、飼い主さんが喋っていれば自分もさえずる、というような感じです。
「仲間と同じ行動をとる事が野性では自分の身を守る行動」だったので、人間のペットとして暮らす今でも飼い主さんと同じ行動をとる事でコミュニケーションをとり、また安心しているんです。


そんなインコは勿論、飼い主さんの感心が自分に向く事が大好きです。
ゆっくりと遊んでもらえなくても、目が合って飼い主さんに一声かけてもらうだけでもインコはとても幸せな気持ちになるんです。
(勿論、定期的に放鳥してじっくりと遊んであげないといけませんが…)

なので、インコはしょっちゅう飼い主さんの気を引く為に色々な行動をとります。
●インターフォンや電子レンジ等、生活音のモノマネをする
●飼い主さんの言葉のモノマネする
●流れている音楽に合わせてさえずってみる
●鳥かごの中でちょっと変わった遊びをしてみる
等々、まるで一流のエンターテイナー。芸人さんのように飼い主さんのウケを狙ったような行動をとります。

そうする事で「○○ちゃんはモノマネが上手だね!」と声をかけてもらったり、笑いながら明るい表情で飼い主さんが自分の方を見てくれる事をインコ達はちゃんと知っているのです。

ですので、インコがもしモノマネをしたり面白い行動をとった時はしっかり反応して褒めてあげるようにしましょう。
インコ達は嬉しくなって「もっと飼い主さんに喜んでもらって、声をかけてもらおう、自分の事を見てもらおう」とモノマネ上手になったり、愉快な行動をとってくれるようになります。



ただ、同じ理由で悪い事をして飼い主さんの気をひこうとするインコもいます。

我が家のインコも「餌箱の餌をばらまいて家族の気をひこうとする」という悪い習慣が付いてしまいました…。
こうなってしまったのもインコは全然悪くなくて、むしろ原因は私たち飼い主側のしつけの仕方にありました。


我が家のインコは始めのうちは退屈しのぎに餌をバラまいて遊んでいる
(好奇心旺盛なインコは何でも遊び道具にしてしまいます)
 ↓
飼い主である私が「こら、駄目でしょ!!」と大きな声で叱りながら近寄ってしまう
 ↓
インコは自分が悪い事をしているなんて理解できないので、純粋に「飼い主さんが声を出しながら近寄ってきてくれた!」と喜ぶ
 ↓
インコが「餌をばらまくと飼い主さんが来てくれる」と覚え餌をばらまく
 ↓
私がまた怒る
 ↓
インコ喜んでもっともっと餌をまき散らす

という最悪の負のスパイラルに入ってしまったんです…。
今はインコとの接し方も理解したのでそんな間違ったしつけの仕方はしないんですが、当時は本当に良くない怒り方をしてしまったなと反省しています。


もしインコが悪さをして飼い主さんの気を引こうとしているなら、実は「無視する」のが正解なんです。

飼い主さんの感心が自分に向く事が幸せ=飼い主さんに無視される事が一番辛い
という事です。

「この行動をしたら飼い主さんに無視される、それはつまらないなー」とインコがちゃんと理解してくれれば問題行動を控えるようになってくれる………かもしれません。
(というのも、残念ながらインコは一度覚えた習慣はなかなかやめない粘り強い性格の生き物です。一度覚えた問題行動を続けてしまうのも、しばらくは仕方ない、と気長に見守ってあげましょう。)


このように「飼い主さんLOVE」が爆発するあまり、時に問題行動をとってしまう事もありますが、それほどまでの仲間への愛情深さはインコの大きな魅力でもあります。

もし、とても素敵な行動でインコが飼い主さんの気をひこうとしている姿を見かけたら、しっかりとその愛情に応えるようにしてあげてください。
きっとインコも喜んで、もっともっと飼い主さんの事を好きになってくれますよ!

スポンサーリンク









この記事へのコメント

スポンサーリンク