インコがペレットフードを食べてくれない時はどうすればいいの?

インコの主食には「ペレットタイプのフード」と「シード(種)タイプのフード」がありますが、人工的に成形されたペレットタイプのフードは鳥に必要な栄養素をそれだけで全て接種できると言われており※、多くの鳥専門の獣医さん等も主食として推薦されている鳥用の餌です。

※室内で暮らすインコの場合は日光浴不足になりビタミンDが合成されなくなりますので、ペレットフードに加えて栄養剤等もあたえてあげる必要があります。

スポンサーリンク









私もはじめてインコを飼う時に鳥専門の獣医さんに「ペレットフードかシードフードどっちがいいの?」と相談をしたところ「インコにはこれだけを食べさせておけば栄養素的には基本的に大丈夫です」とペレットフードの事を教えていただきました。

実際にインコを飼われている方で、ペレットフードを主食にされている方は多いと思います。

1012.jpeg
こちらが我が家で主食として食べさせているペレットフードです。左の方は獣医さんに、右の方はペットショップの店員さんに薦めていただいたものです。
一つだけだと味に飽きるかな?という事と、栄養が偏らないように、と二社のペレットフードを混ぜ合わせ食べさせています。

1011.jpeg
こちらはシードタイプのフードです。ヒエ、アワ、キビ等の種に加え、6種類の野菜、3種のフルーツが混ぜ合わせてあるそうです。
我が家のインコ達もやはりペレットフードよりこちらのシードタイプの餌の方がお好みのようで、ペレットよりこちらのシードを欲しがります…。


■インコ達は基本的にシード(種)タイプの方が好き!だけど、シードタイプだけだと栄養素的には失格です
インコ達は一般的には種等のシードタイプの餌が大好き!に比べてペレットタイプの餌はいまいち好きではない…と言われています。
(時々ペレットの方が好みのインコもいるそうですが…)

飼い主さんとしては「インコが喜ぶ美味しいご飯をいっぱい食べさせてあげたい!」と思うかもしれませんが、実はこのシードタイプだけを主食にして与えていると栄養素が偏り病気になったり、肥満になったりとインコにとって良くない事も多いんです。
やはり主食はペレットタイプのフードにして、シードタイプは食事を楽しませるものとして補助的に与えてあげる方が良いでしょう。


■「でも自分の家のインコはペレットが好きではないのであまり食べてくれない…」そんな時はどうすればいいの?
急にシードタイプの餌からペレットタイプの餌に全て切り替えると、インコが食べずに空腹で逆に体調を崩してしまう事があります。例えば以下のような方法で少しずつシードタイプの餌からペレットタイプの餌に切り替えるようにしてあげてください。

[ステップ1]ペレットフードの味に慣れさせるため、シードタイプの餌の上に砕いたペレットフードをふりかけて食べさせる
 ↓
[ステップ2]少しずつ小さめのペレットフードも餌の中に混ぜていく
 ↓
[ステップ3]餌の中のペレットフードの比率を多くしていく
 ↓
[ステップ4]ペレットフードをちゃんと食べているのが確認できれば日中はペレットフードをメインにする。ただ夜に空腹になると良くないので、寝る前にシードをしっかり食べさせてあげる。
ペレットフードを食べているか確認するには餌箱の中等に砕いたペレットフードの粉があるかどうかを見てください。(まれにペレットフードを丸呑みするインコもいるそうですが…)
 ↓
[ステップ5]夜のシードを減らし、少しずつペレットフードの比率を増やし、最終的には全てペレットフードにする

というようにペレットフードに少しずつ慣れさせていってあげると、ほとんどのインコはペレットフード主食に切り替える事ができるようになると思います。


気をつける点としては
■シードからペレットに切り替える期間はしっかり糞をしているか(餌を全く食べていない状態になっていないか、空腹になっていないかを判断する為)を確認し、また定期的な体重測定をしてください。ペレットを全く食べていないようなら無理はせず、少しずつ少しずつ慣れていくようにしてあげてください。

また、切り替え期間の目安は約1ヶ月くらいですが、それでもどうしてもペレットフードに慣れないインコの場合はもう少しゆっくり時間をかけて切り替えるようにしてあげてください。


インコにとってペレットフードは「一番美味しい食べ物」ではありませんが、「一番健康に生きられる食べ物」であると言われています。
しっかりとインコの総合バランス栄養食であるペレットフードを主食にするようにしてあげましょう。



…ただ、やはり「ペレットフードだけでなく他の美味しいものも食べさせてあげたい」という気持ちもインコを愛する飼い主さんにはあると思います。我が家もそうなのですが、そんな方は「8:2」くらいの割合でペレットフードとその他の食べ物をあげるようにしてください。

例えば餌箱に入れる餌の比率を「ペレット8に対してシード2」や「ペレット8、シード1、青菜0.5、粟穂等の鳥用お菓子0.5」にする等です。
色々な食べ物を食べる楽しさは奪わないようにして、あくまで主食はペレットにする、という感じですね。


インコの健康は食べ物が作ります。しっかり健康になれるよう最適な食事がとれるようにしてあげてくださいね!

スポンサーリンク









この記事へのコメント

スポンサーリンク