ある日から突然インコが噛み付いてくる、攻撃的になってしまったら…?その1

その前の日まで大人しくて仲良く遊んでいたインコが、ある日を境に突然攻撃的になって威嚇してきたり、差し出した指に噛み付いてくるようになる、という事が時々あります。
そうなってしまうとインコを大切している飼い主さんであればある程「あんなに仲良かったのに、あんなに良い子だったのに…嫌われたのは私のせいだろうか?」と思い悩んでしまう事だと思います。

ただ、悩んでいたり落ち込んでいたりしても悪化してしまったインコとの関係は良くはなりづらいものです。
何故、インコが凶暴になってしまったのか?変わってしまった原因をしっかり考えて関係を良くしていくようにしましょう。

スポンサーリンク









1192.jpg
我が家のインコ、イエモンさんも結構凶暴で攻撃的。でもその原因は「臆病」だからなんです(…おそらく)。まずは自分の家のインコが「何故攻撃的になってしまっているか?」を分析してみましょう。


【考えられる原因その1】過去に体罰をしてしまった
これはインコだけでなくペットとして飼われている動物全てに言われる事ですが、体罰は何も良い結果を生む事はありません。
体罰を受けたインコはそれをずっと覚えていて、痛い思いや怖い思いをさせた相手の事も理解しています。
「動物にしつけをするには上下関係を理解させるのが一番だ!」と恐怖によって動物を支配しようとする考えの方が今も多くいますが、それは間違った考えとして正し、優しくインコと接するようにしてあげてください。


【考えられる原因その2】インコを無視し続けてしまった
ずっとインコを溺愛していたけれど「飼い主夫婦に赤ちゃんができて関心が赤ちゃんに向いてしまった」や「子犬や子猫等新しいペットを飼ってそっちに夢中になってしまった」、等の事で今まで関心を受け続けたインコが急に飼い主さんに構われない(インコからすると無視されているように感じる)と、インコが精神的に傷つき飼い主さんとの関係が悪化する事があります。
インコは飼い主さんに関心を向けてもらい、見てもらい、遊んでもらう事に何よりの喜びを感じます。もしインコに寂しい思いをさせすぎているようでしたら、もっとインコに時間をかけて接してあげるようにしてください。


【考えられる原因その3】反抗期や発情期の為
これに関しては人間の子供と同じようなもので成長に伴う「健全な反抗」でもあります。飼い主さんとしては急に性格が荒々しく変わってしまうインコにびっくりするかもしれませんが「嵐はいつか過ぎ去る」として温かい目を向け、その時期も今までと変わらないように愛情を注いであげるようにしてください。

これに関しては以前以下のような記事も書きました。
反抗期や発情に対してより詳しく書いています。興味がある方は以下のリンクから記事をご覧ください。

■過去の記事「インコにも訪れる「反抗期」!?」へのリンク
http://koromoiemon.seesaa.net/article/437989259.html

■過去の記事「無駄な発情は病気の原因に!しっかり管理してあげましょう」へのリンク
http://koromoiemon.seesaa.net/article/427596325.html


【考えられる原因その4】家族の誰かを恋人と思っているので他の家族をライバルだと思っている
特にオスのインコは恋のライバルに対して攻撃的な仕草をとる事もあります。家族の誰かを恋人だと思っていると、その他の人達は「恋敵」である仲良くできない相手になってしまいます。
この場合は「インコの恋人に選ばれた人」が他の家族との仲をとりもってあげるようにしましょう。例えば、インコと家族皆で遊ぶときに恋人に選ばれた人の手から飛び移らせてあげる、餌の交換を関係が良くない人が担当する、等の方法です。

これについても以前、より詳しい記事を書いています。興味がある方は以下のリンクから記事をご覧ください。

■過去の記事「インコが家族の特定の人にだけ攻撃的になってしまう時は!」へのリンク
http://koromoiemon.seesaa.net/article/430415059.html


【考えられる原因その5】いつも高い場所にいるので人間家族を見下している
インコの中では高いところにいるものは「偉くて、強い!」存在で、低い位置にいるものは「立場が低い、弱い」存在と認識されます。
常に部屋の中の棚の上等、高い場所に鳥かごを置いていると常に人間家族を見下ろす形になりますので「自分の方が偉いんだ!」と思い込んでしまいワガママになってしまう事もあります。
鳥かごの置く位置を人間の目線より下の高さの場所に置く、人間の頭の上に乗せない、放鳥時高い位置に行きたがるなら降ろす、等の方法で常に高い場所にインコがいないようにしましょう。

これについても以前、より詳しい記事を書いています。興味がある方は以下のリンクから記事をご覧ください。

■過去の記事「インコが高いところに行くのは「いばりたい」から!」へのリンク
http://koromoiemon.seesaa.net/article/430201070.html


【考えられる原因その6】狭い範囲の縄張り(なわばり)意識が強過ぎる
例えば鳥かごの中ばかりで過ごしているインコは「鳥かごだけが縄張り」になってしまいます。縄張りが狭過ぎると縄張りに対する執着心が強くなり、そこを守る為に攻撃的になったり縄張りの外に出た時に不安になって自分を守る為に噛み付いてしまったりもします。
基本、鳥かごの中で暮らしてもらうのは大丈夫なんですが、鳥かごの外にだして家族と一緒の部屋で遊ぶ放鳥の時間にはできるだけ多くの部屋に連れていって、様々なものを見せてあげるようにしましょう。(勿論、絶対に危険な目に合わないよう配慮して)

これについても以前、より詳しい記事を書いています。興味がある方は以下のリンクから記事をご覧ください。

■過去の記事「範囲が狭いと攻撃的になる事も?インコが持つ縄張り意識」へのリンク
http://koromoiemon.seesaa.net/article/439572816.html


【考えられる原因その7】恐がりなので攻撃的になっている
我が家のいえもんさんもこのタイプだと思っています。甘やかされすぎて育ったり、小さな頃にとても怖い思いをしたり、安心安全な鳥かごの中ばかりで育ってきたり、またいつも低い位置に鳥かごを置いておいたので「自分は偉くない、弱い存在だ」と自己評価が低くなっていたり、と様々な要因があります。
上記の原因5と6で書いたような事なので、床等常に低い位置に鳥かごを置いているなら「人間の目線くらいの位置に鳥かごを置いてあげる」であったり「放鳥時に色々な部屋に連れて行ってあげたり」と【自分は弱くない、鳥かご以外の世界も怖くない】と自信をつけさせてあげましょう。



上記のようにまずは「何故嫌われてしまった?攻撃的になってしまった?関係が悪化してしまった?の原因」を分析するようにしてみてください。

それによってやはり関係を改善する方法も変わってきますので…。


少し記事が長くなってしまいましたので次回は引き続き「ある日から突然インコが噛み付いてくる、攻撃的になってしまったら…?その2」として、関係が悪化してしまったインコとの関係改善方法をご紹介いたします。


続きの記事へのリンクはこちら
http://koromoiemon.seesaa.net/article/440065689.html

スポンサーリンク









この記事へのコメント

  • 関山剛至

    先日、河原でインコに襲撃されました。
    ペットで野生化したものでしょうが、青かったかな?
    ちょっとびっくりした。食べ物類を持っていたわけでなく
    ジュウシマツなんかと違ってセキセイインコは、性格が荒い。
    おそらく縄張り意識も強いんだろう。
    2018年07月17日 12:14
  • 管理人

    えー!!野性化したインコが人に攻撃するなんて事があるんですね!!
    「ワカケホンセイインコが野性化してる」ってニュースは聞いた事がありますが青いという事はセキセイなどのインコでしょうか…。
    仰るとおり、縄張りを守ろうとしたのかそれともヒナでも近くにいたのか、かもしれません。
    2018年07月20日 15:36
スポンサーリンク