ある日から突然インコが噛み付いてくる、攻撃的になってしまったら…?その2

前回の記事「ある日から突然インコが噛み付いてくる、攻撃的になってしまったら…?その1」では、急にインコの性格が荒くなってしまった、攻撃的になってしまった、噛み付いてくるようになってしまった、というような時に考えられる「原因」等を書きました。

スポンサーリンク









今回は悪化してしまった「インコとの関係の改善方法」をご紹介します。
1193.jpg

■悪化した関係は放っておいても解決しない事が多いです、先ずは「何故インコが不機嫌になっているか、攻撃的になっているか」の原因を分析してみましょう
インコは結構頑固な生き物で、飼い主さんに対して一度「こいつは敵だ!ひどい事をしてくるやつだ!」と思い込むと当分その考えを改めずに持ち続ける事があります。
悪化してしまった関係に全く何も手をつけず「放っておいたらいつか穏やかになるだろう」と思っていると、そのままの関係が定着してしまう恐れもあります。(反抗期や発情期で一時的に気性が荒くなっている事もあり、その場合ですと時間が過ぎれば勝手に穏やかになったりもしますが…)

「原因の究明」→「問題解決の行動」→「インコとの関係改善」とするようにしましょう。


■ただ、決して焦らないよう、気長に問題解決の行動を続けるようにしてください
上記に書いたようにインコは頑固な生き物ですので、一度決めた自分の考えをしばらく持ち続ける事があります。また「飼い主さんに嫌な事をされた」と思い攻撃的になったインコは特にその傾向が顕著です。
「人間でも体の傷の治りは早いけど、心の傷はなかなか治らない」と言われたりしますが、インコもそれは同様で「飼い主さんに嫌な事、ヒドい事をされた」という精神的なショックは長く尾を引く事があります。

そこで飼い主さんに必要な考え方として「すぐに関係が改善できなくても決して焦らない」という事です。
焦ってしまうと「嫌われた自分は飼い主として駄目だ」や「言う事を聞かない駄目なインコだ」と悪い方向に思考してしまいがちです。
焦らず、長期的に、気長に、地道に。ゼロからではなくマイナスからのスタートと認識し、少しずつ関係を改善していくようにしましょう。



では、上記を踏まえての改善の方法です。

【ステップ1】一緒の空間で過ごす時間を増やす。
以前仲が良かったために急に指で触れようとしてしまったりするかもしれませんが、今はそういうインコへの働きかけは控え「まずは一緒の空間、近くでゆっくり過ごす」ところからはじめてみましょう。
その時にこちらからインコに向けて特に何かをする必要はありません、インコの側で「警戒心をといてもらう為に」静かに過ごしましょう。

【ステップ2】インコに話しかけたり、インコのモノマネをしてあげる。
インコと一緒に過ごす時間を増やした後、少しずつインコにアクションを起こしてみましょう。
「インコは相手のインコのマネをする事で仲間であるという事を示し、またモノマネをされたインコはそれを見て仲間の存在を認識し安心」します。
なので、インコが鳴き声をあげたら「ここにいるよ」と話しかけてあげたり、口で「チッチ」や「ピー」と鳴らし返事をしてあげましょう。
また、こまめに「可愛いね!」「おはよう!」等、明るい声や表情で話かけてあげるようにしましょう。

【ステップ3】鳥用お菓子や青菜など、ご褒美の食べ物を手からあげる
(健康の為、与えすぎ注意!)。

青菜や鳥用のお菓子等、そのインコが好きなご褒美餌を手から直接食べさせてあげましょう。
ただそのご褒美餌を自分の手のひらに乗せたり、指先でつまんであげたりすると「ご褒美餌でなく手に噛み付く事がある」ので、長さがあるような自分の手から離して与えられるご褒美餌からはじめましょう。
ただ、それらはインコが主食にするものではないので食べさせ過ぎには注意してくださいね。

【ステップ4】手に乗せて、指定の場所に降ろすトレーニングをする。
上記【ステップ1〜3】で関係が改善されてきたように感じたら、指の上に乗せ、そして「止まり木、テーブル、鳥かごの上」等に降ろす、というトレーニングをしてみてください。
指の上に乗せるときは「おいで」や「乗って」と声をかけながら、自分の指を止まり木のように見せインコのお腹あたりに持って近づけ、また降ろすときは「降りて」と声をかけながらインコを対象に向け近づけてあげてください。

もし上手に「指に乗る」や「指から降りる」ができた時には「賢い!よくできたね」等、明るい声と表情で褒めてあげたりご褒美をあげたりしましょう。

このトレーニングを毎日する事でインコとの信頼関係が育まれていきます。



上記のような方法でも改善できない場合は「鳥かごの置く位置によって、インコのプライドが高過ぎたり臆病になりすぎている」「家族の誰かをパートナー(恋人)にしている為、その他の家族をライバルだと思っている」「なわばり意識が強過ぎる」「発情期や反抗期」等の、他の原因も考えられます。

それらについては前回の記事で簡単な対処方法等を書いていますので、そちらをご覧ください。
■前回の記事「ある日から突然インコが噛み付いてくる、攻撃的になってしまったら…?その1」へのリンク
http://koromoiemon.seesaa.net/article/440037966.html



最後にもう一度、上と同じ事を書きますが「インコとの関係がすぐに改善できなくても焦らず、じっくりと向き合う」ようにしてください。
くどいようですが、インコの問題行動に対して接する上で大切なのはこの「気長につきあう」というスタンスです。(怪我や病気の場合は即時対応、即解決が必須ですが)

「問題行動を改善する為の方法を試してみたけど上手くいかない」「一度手に乗ったけど次の日は噛み付かれてしまった」なんていう事はインコとつきあっていると結構ありがちな事でもあります。

焦ってしまうと「インコの問題行動がおさまらない」→「気に食わないのでインコの事を無視したり、虐待してしまった」→「インコがより攻撃的になってしまった」という負のスパイラルに入ってしまう事もあります。


焦らず、イライラせず、毎日少しずつ少しずつ、一歩ずつ関係を改善していく。というくらい大らかな気持ちでインコに愛情を注ぎ続けてあげてください。
インコは受けた愛情をしっかり愛情で返す事ができる生き物です。今は関係が悪くなっていたとしても、飼い主さんの愛情があればその関係はきっと良いものに回復できると思います。

インコによっては気分屋すぎて飼い主さんが振り回される事があるかもしれませんが、それもインコの可愛いところ。お互い楽しく過ごせるよう、上手に関係を改善してみてください!

スポンサーリンク









この記事へのコメント

  • ラン

    こんばんは!詳しくありがとうございます!参考になります!
    らんちゃんは、夜寝る時以外は攻撃的ではないです。
    まだ一緒にいたくて、腕、肩で寝たい?ようでケージに入れられたくない!というような感じです。入れたら入れたで、もう寝るから見ないで!ケージに触らんで!って怒る感じですね。タオルかける時も怒るので、寝たいけど、まだ甘えたい感じなのかな…と解釈してます(^^;💦反抗期かもですよね。
    日中はベッタリしてくるので、昼間は穏やかに過ごしています(^^)/
    ただ私がトイレとかお風呂でリビングから離れ姿が見えなくなると、ギャーギャー鳴くので、不安に感じたりしてるのかもしれません。声が聞こえた時は、遠くても声をかけるようにしてます!

    2016年07月15日 21:47
  • 管理人

    それは多分おっしゃっているように「まだ寝たくない!一緒に遊んでいたい!」という欲求が強いんだと思います。らんちゃんは大事にされていて幸せものですね!
    そうですね、「呼び鳴き」に対しては今やっていただいているように不安に感じさせすぎず応えてあげて、でも適度に放任して一人の時間にも馴れてもらう、とバランスをとってあげてくださいー!
    2016年07月17日 23:17
スポンサーリンク