京都。因幡堂(平等寺)の可愛いインコの御守り!

京都の繁華街、四条通りから少し南に行ったところにあるお寺「平等寺」。因幡堂、因幡薬師等とも呼ばれ、創建は長保5年(1003年)と1000年も前から人々に親しまれています。

ご本尊である薬師如来は日本三如来の1つに数えられていて、子授け、安産、そしてガン封じの仏様として信仰されています。

スポンサーリンク









そんな歴史深い因幡堂さんなんですが、こんな可愛い御守りを頒布(販売されているの意味)されています。
1294.jpeg
そう、セキセイインコの御守りです。歴史深いお寺に似合わないハイカラなデザイン。とても素敵です!
勿論、昔ながらのスタンダードな形の御守りも頒布されていますが、鳥好きならやっぱりインコの御守りの方が良いですよねー!

こちらがその因幡堂さんです。
1295.jpeg

毎月8日には手作り市なんかも開催されておられます。
1296.jpeg

京都の中心地を走る烏丸通からもわかりやすい。
1297.jpeg
1298.jpeg

こちらは因幡堂の南側、不明門通(あけずどおり)と呼ばれている通りです。
1299.jpeg

京都の中心地、有名な錦通りなんかからも歩いていける距離ですので、京都観光に来られた方でもフラッと立寄りやすい場所にあるのが良いですね!


そしてこちらが販売されている御守りです。
1300.jpeg
セキセイインコだけでなく、オカメインコ、文鳥のデザインのもあります!
しかも文鳥は白、黒、シナモン、シルバーという充実っぷり。因幡堂さんは文鳥推しなのかしら?

ちょっと調べてみたのですが「因幡堂さんとインコのつながり」はわかりませんでした。
ひょっとすると住職さんが鳥好き、動物好きな方なのかもしれないですね〜。


という事で我が家のインコ達の無病息災を願いセキセイインコ御守りをいただいて帰ってきました
1301.jpeg
なんて可愛くて、そしてユルいデザインの御守りなんでしょうか!

裏側です。
1302.jpeg
因幡薬師と書かれています。羽根の背中側感がとても良いですね〜。

1303.jpeg
御守りが入っている袋の裏側には因幡薬師について以下の文言が記載されていました。

古くから都の薬師として親しまれ、多くの方々のお願いを叶え続けておられます。
難病は因幡薬師、眼病は因幡薬師、子授け安産も因幡薬師といわれ、特に「がん封じ」の薬師として有名です。
日本三如来の一つに数えられております。


これで我が家の人間家族もインコ家族も安心ですね。
インコの御守り様、どうか我が家の皆を見守ってくださいませ〜。


■因幡堂(平等寺)
開門時間 6:00~17:00(ご祈祷・納経などの対応は9:00~16:00)
住所 京都市下京区因幡堂町728
駐車場も二カ所あるようです。

スポンサーリンク









この記事へのコメント

  • ラン

    インコちゃんの御守り、買ってみようかなと思います(*^^*)値段もお手頃価格みたいですね♪可愛くて、2色とも買いたいです~
    2016年10月15日 14:48
  • 管理人

    2色という事はセキセイとオカメですか?この御守り本当に可愛らしいですよね!
    これでランさんもインコのランちゃんも御守りに守られて安心ですね!
    2016年10月17日 19:42
  • ラン

    こんばんは!
    黄色はオカメだったんですね!両方可愛かったです(*^^*)京都はインコさん情報が多くて癒されそうです✨ブログを拝見する度に、いつも心が和みます!


    2016年10月19日 20:28
  • 管理人

    そうなんです、黄色はオカメらしいです。本当にそうですよね!どれも可愛くて「この御守りデザインした人ありがとう!」という感じです。
    確かに、京都はなぜか鳥に関するグッズや情報が多いような気がします…。ありがとうございます!忙しくてなかなか不定期な更新ですが、そう仰っていただけますと記事更新の甲斐があります!!
    2016年10月20日 16:55
スポンサーリンク