きょうのキラ君「インコの先生のぬいぐるみ」を取りました!

先日、アミューズメント施設のUFOキャッチャーコーナーで「可愛い鳥のぬいぐるみは無いかな?」とウロウロとしていた時に、可愛い三色の鳥のぬいぐるみを発見しました!

こちら2017年2月25日ロードショーの映画『きょうのキラ君』に登場するインコのグッズなんだそうです。

スポンサーリンク









1565.jpeg
パッと見はインコというよりヒヨコっぽいですが、頭の「冠羽」とほっぺたのオレンジ色がしっかりオカメインコしててとても可愛いデザインです。
1566.jpeg
ピンク、水色、黄色の三色。「これは是非とも三色全部を確保したい!」といきこんでチャレンジしてみましたが、残念ながらお財布の中身と睨み合った結果黄色のインコさんしか連れて帰ることはできませんでした…。

1569.jpeg
こちらは10cmちょっとくらいでチョコンと可愛らしいサイズ感です。そして手触りがとても良いです!
頭の部分にゴムひもが付いていますのでマスコットとして鞄や何やらに付ける事ができそうです。

1570.jpeg
後ろ姿です。お尻のしっぽも可愛い!頭のハートには「sensei」と書かれいます。
これはこの『きょうのキラ君』内でインコが主人公の女の子に先生と名付けられているから?かな。


「いるからかな?」と書きましたが、そうなんです。私、このインコのぬいぐるみの可愛さに飛びついたものの『きょうのキラ君』の映画は勿論、原作の漫画についてはさっぱり知らなかったのです。
ファンの方、気を悪くされる事があったなら申し訳ありません…。


という事で調べてみました。
こちらがその映画「きょうのキラ君」です。
1567.jpg

原作はみきもと凛さんが別冊フレンドにて連載していた漫画で、累計230万部突破してるほどの大人気の作品なんだそうです。凄い!
女子中高生を中心に若い女子達に「笑えて、感動できて、胸キュンできて、そして何より物語が面白く引き込まれる」と支持されているそうです。

■ざっくりあらすじを調べてみました
主人公の女の子である高校生の岡村ニノン(ニノ)ちゃんは、社交的ではない性格で、そしていつも肩にオカメインコの剥製を乗せている為、周りの学友達から距離を置かれ鳥女なんてあだ名で呼ばれています。
1572.jpg
ところがそのインコはなんと関西弁を話す事ができる凄いインコで二ノちゃんの友達であり、先生のように頼れる存在だったのです。
1573.jpg

映画の予告編でもその先生?らしきインコの姿が。
1571.jpg
原作そのままの設定は難しいかもしれませんが映画ではどのように登場するんでしょうね?

その二ノちゃんがクラスメイトであり隣の家に住む、人気者のイケメン。吉良ゆいじ(キラ君)とある事をきっかけに仲良くなり、そして恋をするというラブストーリーです。
…で間違っていないはず。うん。

いいですねー!相手の男の子がクラスメイトでイケメンで人気者で、そしてお隣さんの設定。王道です!
そしてボーイミーツガール!!(この場合はガールミーツボーイでしょうか?)

私も昔はよく少女漫画を読んでは憧れたり、時に深いため息をつき感動したりもしていたものですが、時は流れ結婚もして世の酸いも甘いも一通り経験するといつの間にやらそんな純粋な世界から離れてしまっていたのかもしれません。めっきり少女漫画等読む事は無くなってしまいました…。

でもインコのキャラクターも可愛いし、絵柄も綺麗だし、面白そうだし、久しぶりにそんな世界に浸りたいし、という事で良い機会なので原作漫画を読んでみようかしら?等と思ってしまいました。


もしくは「勇気を出して若い子達に混じって映画館に行ってみるのもありか?」と悩んでいます。
だって主演の中川大志くん、男前だしイケメンだし格好良いしハンサム(死語)だし素敵そうですもんね。こんなイケメンが大画面に映ってラブストーリーを届けてくれる、ってそりゃ若い子だけでなく私のようなオバさんに片足(両足?)を突っ込んでしまっている人間でも胸躍るというものです。
主役の飯豊まりえさんも『セブンティーン』の人気モデルであり、女優業でも昨今とても注目されているそうです。確かに可愛い!そして素晴らしいスタイル!
うーん、美男美女のラブストーリー、そしてきっとインコも出てくるのだろう。これは夢の世界だ…。


と、可愛いインコのぬいぐるみからザっとですが作品をご紹介させていただきました。

因みにこのぬいぐるみ今回ご紹介しましたマスコットだけでなく35cm程のビッグサイズのぬいぐるみも有りました。
1568.jpeg
本当はこれが欲しかったんですがなかなか高難易度で断念…。


今回のロードショーに合わせ設置されているマスコットとぬいぐるみのようなので「欲しい!」と思われる方は早めにお近くのアミューズメント施設をチェックする方が良いかもしれませんよ!

スポンサーリンク









この記事へのコメント

スポンサーリンク