美しい孔雀(くじゃく)と会える!京都の田中神社

京都の左京区にある「田中神社」さん。
京都には他に有名な観光地が多く、また立地も中心地から外れている為に少々知名度は低い神社さんなのですが鳥好きには見逃せない生き物がいるんです。

なんと孔雀が境内で飼育されているそうなのです!「これは凄い。早速会いに行かねば」と先日参拝に行ってまいりました。

スポンサーリンク









全国でもここだけ?孔雀がお出迎えしてくれる素敵な神社。
1590.jpeg

田中神社さんは京都市の左京区田中西樋ノ口町1という地元の人ならわかるけども、土地勘の無い方なんかですといまいちピンと来ないのではなかろうか、という場所にあります。
下鴨神社や京都大学から歩いて行こうと思えば歩いて行けるけども、ちょっとだけ疲れるかも。それくらいの場所だと思ってください…。やはりちょっとわかりづらいですよね、すみません。

そのような立地と知名度の為、京都の神社にありがちな「観光客がいっぱいで落ち着かない…」という心配も無く、静かで落ち着ける雰囲気の場所です。
1591.jpeg
ただ、この田中神社さん。実は一部では「田中姓の祖」や「田中さんの聖地」等としても密かに有名なのです。実際この神社の周りには「田中」の名前がつく町名も多く、最寄りの叡山電鉄の駅名も「元田中」。
「田中さんという名字の方だけが参加できるツアー」なんていうものが企画された時にも田中神社は勿論訪問されるスポットになったのだとか何だとか。

と、鳥ブログ的には少し脱線してしまいましたがそんな田中神社さんに到着しました。
1592.jpeg
まずは勿論、しっかりと参拝を行います。

いたるところで鳩達がゆっくり過ごしているような、そんな穏やかな雰囲気のとても良い空間です。
1603.jpg

「では、早速孔雀様を探そう!」というか実は鳥居をくぐった時に見つけて気になっていた小屋があったんですよね。
まず間違いなくそこにいらっしゃるだろう、と観に行くと
1595.jpeg
いたー!孔雀さん、鮮やかな羽根の色が綺麗!
と思っていると羽根をバサッと広げてくれるじゃないですか!
1594.jpeg
でもお尻側です。ここからだとせっかく広げてくれた羽根が見えない!

まだ閉じずに広げておいてね、と祈りつつ移動すると
1596.jpeg
うわー!!!美しい。「鳥好き」を公言してこんなブログを運営している私なのですが、孔雀がしっかり羽根を広げているのを目の前で見たのは実ははじめて。これは感動します!

そして、孔雀さん。そのままとことこ歩いて近寄って来てくれました。ありがとー。
1597.jpeg

鳥小屋の柵の合間から見させてもらいました。
1598.jpeg
声が出ない程美しいです…。もの凄い存在感。圧倒されました。
1599.jpeg
まるで私に見せつけるように羽根を広げてじっとしてくれていた孔雀さん。本当に良いもの見させていただきました。


感動の余韻を残しつつ社務所(御守り等を販売されている場所のこと)へ。
1600.jpeg
くじゃく守がありました。美しい青とグリーンであの美しい姿を再現されています。

しかし私が気になったのはこちら!
1601.jpeg
なんと卵型のおみくじ。その名もくじゃくみくじ。

しっかりクジャクに卵が抱かれていたりもします。
1602.jpeg
こちらをいただいて帰ることにしました。
その際、神社の方に「田中神社さんとクジャクの縁」について質問したところ、特別な謂れは無いらしく何と知り合いのサーカスの方が「田中神社さんに…」と寄贈してくださったそうなんです。

そうだったのか!あの孔雀はサーカス出身だったんですね。
「だから私が目の前に立った時にショーマン魂を燃やし羽根を広げて魅せてくれていたのか!」等とひとりごちて妙に納得してしまいました。


そんな素敵な孔雀がいる田中神社さんのご紹介でした。


因みにこちらの神社さん。駐車場は二台あるようですが
1604.jpeg
ちょっと車道から入る場所がわかりづらかったりします。
1605.jpg
おそらくこの赤丸のところから入れば良いとは思うのですが…未確認情報で申し訳ありません。
お車で参拝される方は駐車場がわからなければ、近くにコインパーキングもありますのでそこに止めておくのも良いかもしれません。


そしていただいてきました「くじゃくみくじ」ですが。
1606.jpeg
パカっとあけると緑のクジャクがおみくじを持っていました。
1607.jpeg
このクジャクは卵によって入っている色が違うそうです。
1608.jpeg
「小吉」でした。
1609.jpeg
おみくじは「小吉」だったんですが、あんな綺麗なクジャクを見てしまうと(しかも間近で)心浮かれて「大吉」くらいの気持ちであります。

「ちょっとゆっくりした気持ちになりたい時、クジャクの美しさに圧倒されたい時はまた行こう」と思う神社でした。
興味ある方、鳥好きの方、そして田中さんは是非行ってみてください!
(京都には伏見にも田中神社という同じ名前の神社さんがありますが、そちらとお間違えないようお気を付けください。)

スポンサーリンク









この記事へのコメント

スポンサーリンク