これはやっちゃ駄目?インコに嫌われてしまうかもしれない行動

インコはとても賢く感情豊かな生き物です。その為、飼い主さんにされた嫌だった事は長い間忘れず根に持ってしまうことがあります。

インコが急に噛み付いてくるようになったり、飼い主さんの事を怖がったりするようになった原因はひょっとすると過去にインコが嫌がる事を知らないうちにしてしまったのかもしれません。

勿論、インコも個体によって性格は違いますし、飼い主さんとの信頼関係・慣れ具合も各ご家庭によって違います。飼い主さんの手に握られる事を極端に嫌がるインコもいますし、逆にそれが安心に繋がって手の中でゆっくり眠るようなインコもします。
なのですが、今回は一般的に「これをするとインコに嫌われてしまうかもしれない」と言われている事をいくつかご紹介いたします。

スポンサーリンク









インコと信頼関係を築くためにはインコが嫌がる、怖がる可能性がある事はしないようにしましょう。インコが嫌がる事は百害あって一理無し!なのです。
1630.jpeg

■暴力は絶対駄目!
これはわざわざ書かなくても当たり前の事かもしれません。
「動物には時に厳しくしつけをして上下関係をはっきりさせないといけない!」と思っている方もひょっとするとおられるかもしれませんが、犬等の動物と違いインコは上下関係を築く習性はありません(勿論、犬にも暴力は絶対駄目ですが)ので「怒られたので改善しよう」とはならずに、ただただ「怖い!」と思って飼い主さんの事を恐れるようになってしまいます。
インコをしつける時は悪さを怒るのではなく、上手にできた事を褒めるようにしましょう。ムチよりアメなのです。


■鳥かごに戻す時等に無理矢理鷲掴みにしてしまうのはNG!
インコの大好きな放鳥の時間。人間家族が暮らす部屋の中で遊んでいるインコは自分の鳥かごに戻る事を嫌がる事があります。「もっともっと遊びたい!」という感じで。
そんな時、えいっとインコを鷲掴みして無理矢理鳥かごに戻す方も多いそうですがインコによってはこれに激しい恐怖心、不快感を感じるものもいます。

鳥かごに帰ってもらいたい時は鳥かごの入り口を開けておき、手に乗っているインコを入り口にゆっくり近づける等をしてインコが自分から帰ってくれるように促すようにしてください。
最初はなかなか言う事を聞いてくれないかもしれませんが上手に自分から鳥かごに帰ってくれたら、笑顔で「よくできたね!」等と明るい声で褒めてあげたり、ご褒美の鳥用のお菓子・種等をあげるのも良いでしょう。

「言う事を聞かないから力づくで!」は良くありません。


■インコを日頃、構ってあげないのも駄目です!
インコは仲間とはしっかりコミュニケーションをとって信頼関係を築く生き物です。細やかに鳥かごの近くに寄って声をかけたり、遊んであげるようにしてください。
また、鳥かごから出て広い部屋の中を飛び回ったり自由に飼い主さんと思いっきり遊べる放鳥の時間はインコにはとても大切です。学校や仕事等ライフスタイルによって毎日は難しいかもしれませんが、放鳥がおろそかになりすぎないようにしてください。
細やかにインコと楽しいコミュニケーションをとって信頼関係を築きましょう!


■大きな声、音も怖がってしまいます!
インコは物音に敏感な生き物でもあります、インコのすぐ近くで大きな声を出すのは控えるようにしてください。
急に出る咳やクシャミ等は生理現象なので仕方ないところもありますが、飼い主さんの咳やクシャミ等でインコが怖がっているそぶりを見せるならインコの近くでは出来るだけ控えるようにしてあげてくださいね。


■インコが怖がるオモチャや棒等で追いかけるのも駄目です!
これも敢えて書かなくても、という感じですね。インコも人間と同じで、嫌いなものが追いかけてくる事をとても怖がります。
インコが怖がるものを不必要に近づける事がないようにしましょう。


■無理に体(胴体)に触られるのも嫌いです!
種類や個体によっての差もありますがインコは基本的には飼い主さんや仲間のインコに自分の体をベタベタと触らせる生き物ではありません。(愛情表現としてクチバシでつくろい合ったり、ほっぺたや頭を優しくかいてもらうのは好きですが)
インターネットやTV等で飼い主さんの手の中でじっとしていたり、また体中を撫でられて喜んでいるインコの動画等が時々ありますが、それは珍しいケースだったりラブバードと言われる程スキンシップを好む一部の種類だったりもします。
「我が家のインコも手の中で抱きしめて全身を撫でてあげたい!」と思われる方もいるかもしれませんが、インコはそもそも胴体を触られたがらない生き物と認識して嫌がる事をしないようにしてあげてください。


と、いくつか「インコが嫌がる行動」をご紹介してみました。
ただ最初に書きましたようにこれはあくまで一般的な例で、怖がる事や好きな事はインコによったり飼い主さんとの関係によっても違ったりします。

インコは一度怖い目にあうと急に心を閉ざしてしまう事もあります。そんな悲しい事にならないように「我が家のインコは何を怖がって、何に喜んでいるのかな?」という事をしっかり観察して、怖がった事は二度としないようにしてください。

インコと仲良くなりたいならインコに好かれる事が何より大切です!
インコの嫌がる事はしない、そしてインコが「この人といると楽しい!幸せ!」と思えるような飼い主っぷりを目指すようにしてくださいね。

スポンサーリンク







この記事へのコメント

スポンサーリンク