鳥好きの為の京都の素敵スポットまとめ その1

京都を本拠地としております当インコ好きの鳥ブログでは今までに京都にある鳥好きさんが楽しめそうな神社、お寺、観光地、店舗、お菓子等をご紹介してきました。

それらの情報を過去に個別でご紹介していたのですが時々「情報をまとめてほしい!」といったようなご要望をいただいておりましたので、今回は「鳥好きさんの為の京都の素敵スポットまとめ」としまして3回に分けてまとめ記事をお届けいたします。

スポンサーリンク









1705.jpeg
※本記事に記載の情報は2017年5月29日のものです。以後、各地の情報に変更がある可能性もございます。ご容赦くださいませ。


鳩のお守りやおみくじが可愛い!中京区の六角堂
京都の中心地、中京区にあの聖徳太子が創建したという六角堂というお寺があります。ここはいけばな発祥の地としても有名で連日多くの参拝者が訪れています。

そんな六角堂には鳩がたくさん。
1708.jpeg
あちらこちらに鳩鳩鳩。ぽっぽぽー!
1709.jpeg
たくさんのハトがいるお寺としてこんな可愛い鳩みくじを販売されておられます。
1706.jpg
1707.jpg
鳩が枝に止まっているイメージのデザインです。可愛い!
※左のピンクの鳩は春に開催されている『夜の特別拝観』と『春のいけばな展』の期間中のみの限定品です。通常販売されているのはブルーの鳩のみとなりますのでご注意ください。

おみくじをひいて鳩を持ち帰る人もいれば、六角堂のお地蔵様の前に鳩を置いて行かれる方も。ずらっと並ぶハト達、壮観です!
1711.jpeg

他にもこんな可愛い鈴や根付け等様々な鳩グッズも置かれています。
1706.jpeg

鳩だけかと思えばこんな綺麗な白鳥もいる六角堂。
1710.jpeg
京都の街中にいる事を一瞬忘れてしまいそうなくらい静かで綺麗な素敵な場所ですよ!

【六角堂情報】
住所:京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町
拝観時間:6:00–17:00(納経時間 8:00–17:00)
拝観料:無料(境内自由)


インコとオウムがいる京都の老舗喫茶店。イノダコーヒ本店
こちらも六角堂と同じく中京区、イノダコーヒ(コーヒーではなくコーヒなのです)さんは京都に本店を置く老舗の喫茶店です。
夏は蒸しかえすように暑く、冬は凍てつくように寒い京都。ちょっと散歩をしているだけでも「どこかの喫茶店で休憩したい!」となってしまいがちなのですが、そんな京都において多くの方に美味しいコーヒーや食事・スイーツとともに安らぎの時間をご提供されています。

そのイノダコーヒさんの本店には何と可愛いインコとオウムがいるのです!
1713.jpeg
カラフルな羽根が美しいボタンインコ!
1712.jpeg
オレンジの顔をしたコザクラインコ!
1714.jpeg
そして気持ち良さそうにうたた寝をしていたオカメインコ!

このインコ達はお店に入ったお客さんは誰でも見る事ができますが、以下の点だけご注意ください。
・インコ達がいるのはこの本店だけだそうです。
・インコ達は寒い時期は温かい館内(従業員のみ入れる場所)で過ごしているそうです。冬場や寒い日はインコ達の姿を見る事はできないようです。

勿論、鳥達がいるだけでなくお店の雰囲気もとても素敵です!
1715.jpeg
1716.jpeg
ちょっとこの写真ではわかりづらいかもですが…とても素敵な建物なのです。

京都にお越しの際「ちょっとカフェでコーヒーでも…」と思われた方、是非立ち寄ってみてください!人気店なので季節や時間によっては並ばないと入れないかもしれませんが。

【INODA COFFEE本店情報】
住所:京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140
営業時間:7:00~19:00(無休)


可愛すぎて食べられない!?京都まるんのひよこほうずい
東山区に3店舗、中京区と右京区にそれぞれ1店舗ずつ、計5店舗を京都の観光地に構えておられる「まるん」さん。
そちらで取り扱っておられるひよこデザインのほうずい(和風マシュマロといったイメージでしょうか?)がとても可愛いんです!
1717.jpg
パッケージから既に可愛さ全開なのですが
1718.jpg
中はもっと可愛い!これがまたマシュマロのようにふわふわプニプニなのです!
お味もとても美味しいんですがひよこが可愛すぎてちょっと食べづらい…かも?

まるんさんではこの「ひよこほうずい」だけでなく金平糖、飴等の他のお菓子、また雑貨等も販売されています
。京都のお土産にぴったりの品々が充実しているオススメのお店です!

【まるん各店舗情報】
○産寧坂まるん
住所:京都市東山区清水三丁目317-1 (産寧坂石段途中)
営業時間:10:00~18:00

○二年坂まるん
住所:京都市東山区八坂通二年坂西入 (二年坂上り西へ2軒目)
営業時間:月から金10:00~17:30 土・日10:00~18:00

○祇園まるん
住所:京都市東山区祇園町北側245番地 (京阪「祇園四条」下車 四条通東へ徒歩1分)
営業時間:11:00~19:00

○錦まるん
住所:京都市中京区錦小路通柳馬場東入東魚屋町180番地(阪急「四条烏丸」地下鉄「四条」下車 徒歩3分)
営業時間:10:00~18:00

○嵐山まるん
住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町37-16 (渡月橋北詰角から2軒目)
営業時間:10:00~18:00(季節により延長)


先斗町駿河屋さんの千鳥(ちどり)の形の雅なお菓子
続きましてもお菓子です。京都の有名な通りに先斗町(ぽんとちょう)という通りがあります。
中京区、鴨川と木屋町通の間にある小さな花街です。テレビなんかの京都観光番組でもよく写っているのでご存知の方もおられるかと思います。
1722.jpeg
古い京都の風情ある景色が残っている場所で、料亭やバー等の落ち着いたお店も多いことから「ガヤガヤした場所はちょっと嫌だな…」という方も歩きやすい場所だと思います。(といってもやはり観光シーズンは人でごった返してしまいますが)

そんな先斗町にはシンボルマークになっている千鳥の絵がたくさん。
1723.jpg
千鳥の絵を見ながら歩いているだけでも楽しいのですが、その先斗町で100年以上も続けておられる「駿河屋」さんでは千鳥を形どった愛らしいお菓子を販売されています。
1721.jpeg

これです!右側にあるのが「ちどり焼き」、左側のが「ぽんとちょうもなか」
1720.jpeg
どちらも中には餡子が入っているんですが、その餡子が甘すぎずで絶妙!ゆっくりお茶を飲みつつ食べると至福の時間を味わえます。

こちらは「和三盆ちどり」
1719.jpg
和三盆を使って作られたお干菓子で5色の千鳥達がとても可愛らしいです。

千鳥の見た目が可愛いだけでなく、そこはやはり先斗町で100年以上の歴史がある駿河屋さん!とにかくどのお菓子を食べても美味しいです!
鳥好き、甘いもの好きの方は先斗町を歩く際は「駿河屋さん」、是非行ってみてください!

【駿河屋 店舗情報】
住所:京都府京都市中京区先斗町三条下ル材木町187
営業時間:10:00~18:00


鳩サブレーにも負けない?井筒八ッ橋本舗さんの鴨サブレ
最後もお菓子のご紹介です。
鳥の形のサブレというとやはり「豊島屋さんの鳩サブレー」が有名ですが、それに対抗して作られたのかどうかはわかりませんが京都にも鳥の形のサブレがあります。

それがこちら。その名も「京都鴨川 鴨サブレ」です!
1724.jpeg
鴨の形をしたサブレです。鳩にも負けないこの可愛さ。
1725.jpeg
鴨川と言えばその名前のとおり、このようにゆったり泳ぐ鴨達の姿をしょっちゅう見かける事ができます。
1727.jpg
こんな愛らしい鴨達の姿をモチーフに作られているそうです。

こちらを作られているのはまたしても老舗中の老舗。200年以上もの歴史を誇る井筒八ツ橋本舗さん。
八ツ橋などの和菓子が美味しいのは勿論なのですが、このサブレもサクサクちょうど良い甘さでとても美味しかったです!

この鴨サブレ、店舗だけでなくオンラインショップでもお求めいただけるそうです。「この鴨にピンときた!」という方はチェックしてみてください。
↓外部サイト「井筒八ツ橋本舗オンラインショップ通販ページ」へのリンク
http://yatsuhashi.jp/products/detail.php?product_id=8102



と、今回は当ブログ調べによります「鳥好きさんの為の京都の素敵スポット」をいくつかご紹介しました。
また次回以降も引き続き「鳥好きの為の京都の素敵スポットまとめ その2、その3」としまして鳥スポットをご紹介したいと思います〜。

■続きの記事「鳥好きの為の京都の素敵スポットまとめ その2」へのリンクはこちら
http://koromoiemon.seesaa.net/article/450426587.html


スポンサーリンク







この記事へのコメント

スポンサーリンク