イースターにもぴったり!ニワトリとヒヨコが乗ったパンを作ってみました

数年前から日本でもちょこちょこと耳にするようになった「イースター」

イースターというと「イエスキリストの復活祭」としてキリスト教徒の方達にとってとても大きなイベントです。なのでどちらかと言うと我々日本人の多くには関係ないだろうものなのですが、やはりそこはお祭り・イベント好きな日本人。
その日本人の気質を利用せんとばかりに商魂逞しい方達が日本にも根付かせようと頑張った結果、最近ではかなり知名度が上がってきたように思います。

そして何となくですが日本のイースターは「卵と鳥のグッズを飾ったり卵料理を食べる日」っぽい方向で固まりつつあるんじゃないか、と思います。

スポンサーリンク









「イースターをバレンタインやハロウィンのように経済活動の為に利用するのはどうなのか!?」と賛否あるかもですが、インコ好きの鳥ブログとしましては「鳥や卵を愛でる日!!鳥が主役!!鳥グッズが増える!!」と前向きにイースターを迎え入れたいと思います!

という事で前置きが長くなってしまいましたが、今回の記事はそんなイースターにぴったりなレシピのご紹介です。
と言っても私がレシピを考えたのではなく、Pascoさんがあまりにも可愛いレシピを掲載しておられたので我慢できず作ってみたくなったからなのです。

それがこちらです!!
1974.jpg
ゆで卵で作るヒヨコとニワトリの乗ったパン!不器用な私が作ってもこの可愛さ!!
しかも超簡単でした!!流石、パスコさん。

では作り方のご紹介です(一部Pascoさんのレシピとは違う部分もあります)

必要な材料は
1975.jpg
海苔、茹でで薄めに切ったニンジン、写真にはありませんがケチャップとコーンを少しだけ使います
1976.jpg
スライスチーズ、ハム
1977.jpg
ゆで卵
1986.jpg
そしてパンです。因みにこれは勿論Pascoさんの超熟を使用しました!
(私は食パンの耳を落として使いましたがPascoさんのレシピではイングリッシュマフィンを使っておられます)

では先ずニワトリの作り方です
1982.jpg
ゆで卵はスパット縦半分に切ります
1978.jpg
ニンジンはトサカになるので
1979.jpg
こんな感じで切ります
1980.jpg
切った余りはこんな感じでクチバシ用に再度カット
1981.jpg
チーズを手(羽根)用に切ります
これでニワトリ用の準備は基本的に修了です。か…簡単すぎる!

次はヒヨコ
1983.jpg
ニワトリ用とは違いゆで卵を輪切りにします
1984.jpg
この輪切りにするのがなかなか難しくこんな感じで失敗してしまう事も…ゆで卵は失敗しても大丈夫なように1つ2つは多めに茹でておく方が良いかもしれません
1985.jpg
余ったゆで卵や切るのに失敗した部分は細かく切ってコショウやコーン、マヨネーズなんかと合えてこんな感じにディップにしました。


これで全ての下準備が完成(あとで海苔だけちょっとカットしますが…)
1986.jpg
焼いた食パンやイングリッシュマフィンの上に
1987.jpg
卵ディップを乗せ
1988.jpg
スライスチーズも乗せ
1989.jpg
ハムも乗せ
1990.jpg
「輪切りにしたヒヨコ用ゆで卵」と「縦半分にしたニワトリ用ゆで卵」を乗せ
1991.jpg
それぞれ顔を作って完成です!
●ヒヨコの目と足はカットした海苔、クチバシはコーン
●ニワトリのトサカとくちばしはニンジン、目はカットした海苔、手(羽根)はカットしたチーズ、頬にケチャップ

1974.jpg
可愛いー!不器用な私が作ったので所々いびつだったりバランスおかしいですがそれでも可愛いー!


勿論、これだけ可愛いならイースターだけでなくパーティでの一品や子供さんのお弁当なんかに入っていても凄く喜ばれそう!
興味ある方は是非作ってみてくださいね!思わず「食べるの勿体ない!」と思ってしまうくらい可愛いですよ。

■今回参考にしましたPascoさんのオリジナルレシピページへのリンクはこちら↓
https://www.pasconet.co.jp/english_muffins_easter/

スポンサーリンク









この記事へのコメント

スポンサーリンク