インコの健康を作る「餌選び」のポイント!

インコ達の楽しみと言えば、「遊ぶこと」と「食べること」。
我が家のインコ達も毎日のエサの時間には「早く食べさせろー!」と催促、エサを新しいものに交換した瞬間飛びつくように食べ始めます。

まるで普段食べさせてない子のように…。やっぱりインコは食べる事が大好きなんですねー。

スポンサーリンク









我が家では主食にペレットフードと混合シード(皮付き)。
それに加えペットショップで売っていた乳酸菌や野菜のフード。あとは時々生の葉っぱ類をかじらせてあげています。
138.jpg

インコ達を家に迎え入れる時に食べ物の事は調べたのですが、再度おさらいしてみました。
皆様にも参考になれば幸いです。

ちなみに食べるエサはインコの種類によって違います。
今回は穀物性の食事をとる「セキセイインコやオカメインコ」の食べ物について書いています。


■主食にはシード類(種)と総合栄養食のペレットフード
自然に一番近い形のエサが「シード類」です。栄養が偏ってしまうとよくないので、数種類のシード類が入っている混合フードがおすすめです。

この混合シード「皮なし」と「皮付き」がありますが、挿しエサのヒナの頃を除いて「皮付き」の方が良いようです。
インコは皮をむく事が結構好きで楽しんでシードを食べます。また皮付きの方が栄養価もかなり高く、インコの事を考えると皮付きをあたえてあげたいところです。


また総合栄養食のペレットフードもシードに合わせて一緒にあげましょう。
ペレットフードはインコに必要な栄養素が全て含まれているという素晴らしいエサです。

「じゃ、これだけあげておいたら良いじゃないか」と思うかもしれませんが、ペレットフードは実はインコによってとても好き嫌いがあります。
食べ続けていると慣れてきて食べてくれるんですが、やっぱりそれだけでは味気ないものです。

食べる楽しさの為にもインコの大好きな「シード類」も一緒に入れてあげてください。


ちなみに鳥に詳しい獣医さんに聞いたところ「ペレットフードはおかず。シードはご飯。」と仰っていました。

「インコ達はおかず(ペレット)よりもご飯(シード)を食べたがります。ただ、ご飯ばかり食べる癖がつくと必要な栄養が接種できなかったり、かたよってしまったり、また栄養価も高すぎて太ったり発情を促したりします」と。

なのでおかずであるペレットをメインに食べさせてあげてください、との事でした。
比率で言うと「ペレット7でシード3かペレット8でシード2」くらいをエサ入れに入れる感じですね!


ペレットは色付きのものなども売っています。
インコ達はカラフルなものが好きなので、色付きのペレットを喜んで食べたりペレットで遊んだりしますが、インコの糞は食べたそのものの色で出てきますので、健康状態チェックの為には色付きペレットはあまり良くないかもしれませんね。


自分の家のインコ達にどのペレットが適したサイズなのかは、ペットショップの店員さんに聞くと教えてくださいます。
わからない時は聞いてみても良いと思います。



■副食は栄養の補助、食事の楽しさの為に
食事がシードメインのインコだと、どうしても栄養素が不足してしまったりします。それらを補うためにはできるだけ毎日副食として野菜等をあげるようにしてください。

また、我が家のようにペレットフードメインのインコ達も「食の楽しさ」の為に副食をあげてください。かじった感触も味も野菜によって様々なのでとても喜びます。

ただ、野菜には食べてよいもの、悪いものがあります。
これは前の記事でまとめていますので興味ある方はこちらを見てください。
http://koromoiemon.seesaa.net/article/424929390.html

その他にも「カトルボーン」や「ボレー粉」などのカルシウム飼料や飲み水に入れられる「ビタミンサプリメント」などもあります。
これもシードだけを主食にするインコには是非与えるようにしてあげてください。


ただ注意したいのが土と塩分を固めた「塩土」。
ペットショップにはよく置かれていますが、これはインコによっては食べていけない種類もあるようです。食べさせる場合は一度獣医さんに確認する方が安全かもしれませんね。



■お菓子やフルーツは特別な時に。与え過ぎ厳禁!
お菓子と言っても勿論鳥用のお菓子。「固めたシード」や「ひまわりの種」「ドライフルーツ」などのお菓子がペットショップに売られていますが、基本的には脂質や糖分が高いので肥満や発情につながります。

特別な日や、ごほうび、飼い主さんとのコミュニケーションの機会などに上手くあげるようにしてください。
くれぐれも与え過ぎには注意が必要です。


また果物をあげる人も多く、インコ達も喜んで食べます。
ですが、果物も上記と同じくインコには糖分が非常に高い食べ物です。こちらも時々ごほうびにあげるくらいにしましょう。

さらに果物は種類によってはインコが中毒を起こすものもあります。なので我が家では基本的に果物は与えないようにしています、間違って中毒起こしちゃったら怖いですもんね。

インコが食べて大丈夫な果物も以前以下にまとめていますので、ご参考に…。
http://koromoiemon.seesaa.net/article/425088300.html



■絶対禁止!人間の食べ物はあたえない
人間の食べ物は高カロリー、高塩分、とインコには適していません。あたえてはいけません。
またパンくずなら喜ぶだろう、とパンを与える方もいますがこれも危険です。

インコが消化できない成分が入っていて「そのう」の中で腐ったり、カビを発生してしまい「そのう炎」を引き起こすこともあります。
「そのう炎」になってしまったインコはとても苦しみ、ほとんどが亡くなってしまいます。

「食べたがるから」と言って人間の食べ物をインコにあたえるのだけは絶対にやめてください。

インコはインコ用の食べ物を食べているのが一番幸せな事なんです。



インコ達の健康な体は毎日の食事が作ります!我が家も大切なインコ達に健康に長生きしてもらえるよう、ちゃんと管理してあげたいと思います。

スポンサーリンク







"インコの健康を作る「餌選び」のポイント!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク