神の鳩がいる三宅八幡宮に行ってきました。

京都の洛北に「三宅八幡宮」という神社があります。遣隋使の小野妹子が作ったとされている神社であり、子供の守り神として有名で多くの方が「かん虫封じ」「子供の病気平癒」「夜なき」「学業成就」等の為に参拝に訪れています。
また、虫退治の神様としても有名で「害虫駆除」の御利益でも知られており、 「虫八幡さん」(むしはちまん)とも呼ばれる事もあります。

スポンサーリンク









そして、この神社では神の使いとして「鳩」がとても大切にされています。
571.jpeg
のぼりにも向かい合ったつがいの鳩が。

574.jpeg
鳥居の両脇には狛犬ならぬ「狛鳩」が鎮座しています。睨みをきかすのではなく優しい顔をしていますね。
575.jpeg
576.jpeg

神の使いである鳩は、狛鳩だけでなく境内のあちらこちらで見る事ができます。
577.jpeg
手水舎にも。
578.jpeg

579.jpeg
灯籠にも。

580.jpeg
提灯にも。

581.jpeg
幕にも何とも優しげで可愛らしい顔をした鳩があしらわれています。

583.jpeg
神鳩が足元に置かれていました。(奥にはなぜかニワトリっぽいのもいますね…)
こちらの神社にはこの「頭が赤色、胴体が水色」のかわいらしい1対のつがいの鳩のお守りがあります。
神鳩は子育てのお守り、神棚に飾ると強い子どもに育つといわれているそうでお土産として買って帰られる参拝客の方も多いそうです。

絵馬にもこの神鳩が描かれていますね。
582.jpeg
絵馬には「子供が健康に育ちますように」という願いがたくさん書かれていました。
この絵馬の鳩の絵が可愛いので絵馬だけ買って帰る方もおられるそうです。

絵馬だけでなく、鳩をあしらった様々なお守りも販売されていました。
584.jpeg
鳩の鈴の根付けお守りや、四角型のお守り等々。

585.jpeg
神鳩ももちろんいました。この神鳩サイズが少し大きめなので、もうちょっと小さいサイズがあれば良いのにな…。

586.jpeg
鳩笛です。どんな音がなるんでしょうね、吹いてみたい。

587.jpeg
せっかくなので、と「鳩のおみくじ」を買いました。この鳩のお尻の部分を見ると

588.jpeg
丸いシールが貼ってあるので、それをはがします。

589.jpeg
すると中におみくじが入っているという感じです。運勢は……「中吉」でした!

帰りに有名な「鳩餅」を食べて帰ろうと思い境内にあるお茶屋さんに寄ったのですが、残念!
この日、鳩餅はすでに売り切れてしまっていたそうです。
590.jpeg
お茶屋さんののれんにも勿論、鳩。可愛いですね!

591.jpeg
米粉を蒸して作られるという鳩餅。プレーンとニッキ、抹茶の3種類の味があります。

実は私の実家はこの神社の近くで、まだ幼かった頃この鳩餅をよく食べていました。
今、思うと両親が「我が子が健康に育つように」と願い、子供の護り神であるこの神社のお菓子を買ってきてくれていたのかもしれません。

モチモチとした食感で、甘すぎず素朴な味わいがとても美味しいお餅です。三宅八幡宮を訪れる際は是非、食べてみてください!


帰り際、もう一度狛鳩さんにご挨拶。やっぱりとても優しい顔をしていますね。
592.jpeg
この神社の至るところにいる神鳩達は訪れる参拝客や子供達を、このポカーンとした穏やかな目で見守ってくれているんですね。


今年は全国的に紅葉があまり綺麗ではないのでこの日もイマイチだったんですが、しっかり紅葉する年ならこの境内南側にある池沿いでとても美しい紅葉を見る事ができます。
572.jpeg
池には鯉達がゆっくりと泳いでいます。
573.jpeg


お子様の健康祈念の為に参拝するのは勿論、鳥好き、鳩好きの方も楽しめる神社だと思います。是非、京都の洛北観光に訪れる際は一度足を運んでみてください。
大きな神社のような賑わいはありませんが、自然の中にある神社の静かな空間を楽しむ事ができますよ。


神社の場所やお茶屋さんの開店時間等は公式のページをご確認ください。
●外部リンク 「三宅八幡宮」公式ホームページ
http://www.miyake-hachiman.com

スポンサーリンク








"神の鳩がいる三宅八幡宮に行ってきました。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク