インコは仲間と同じ行動をすると安心します!

インコを飼っている方なら経験があると思いますが「飼い主さんがご飯を食べている時、ふと鳥かごを見てみるとインコも同じタイミングで餌を食べている」なんて事があると思います。
実はこれ偶然ではなく、インコ達は仲間である飼い主さんの姿を見て一緒にご飯を食べているんです。

スポンサーリンク









593.jpg
飼い主さんだけでなく、二羽以上のインコを一緒に飼っている場合はインコ同士が同じような行動をとる事があります。
何故インコはこのように仲間のマネをするのでしょうか?


■仲間と同じ行動をするとインコは安心!
インコは元々野生で暮らす時、他のインコと一緒に群れを作って生きていました。天敵が多いインコにとっては仲間達と一緒に行動する事が自分の身を守ることに繋がるのですが、そこで「自分はあなたの仲間だよ」という事を一緒にいるインコに示すために相手と同じ行動を取るようになりました。
仲間が食べれば自分も食べる。仲間が寝れば自分も寝る。仲間が飛べば自分も付いて飛んで行く。という感じです。

お互いが「仲間であるという事を示す行動=相手と同じ事をする」という行動をとり合う事で「仲間が一緒にいる」と実感して安心するんです。
インコが仲間の事をよく観察して同じ行動をとるのは元々は防衛本能からきている行動です。


■じゃ一羽だけで飼っているインコの場合は不安になってしまうの?
と思ってしまうかもしれませんが大丈夫です!
インコを一羽だけで飼っている場合インコは「飼い主さんである人間の事を仲間と認識」して、飼い主さんと同じような行動を取るようになります。

上記に書いたように
人間がご飯やお菓子を食べているとインコも餌を食べる。
人間がうたた寝していたら鳥かごの中でインコもうたた寝する。
人間が別の部屋に移動しようとしたらインコも追いかけていく。
というような感じです。

インコはびっくりするくらい飼い主さんである人間の事を常に観察して、そして同じ行動をとります。そんな可愛らしい行動もまたインコの魅力ですね!


■一緒の行動をとる場合は声をかけてあげましょう
インコは人間の行動だけでなく、表情や言葉の抑揚も読み取ります。
例えばご飯を食べる時にいつも「ご飯を一緒に食べようね!」と声をかけてあげると、その言葉を覚えてインコは「これはご飯のタイミングだ、自分も一緒に食べよう」と思い餌を食べます。
さらにご飯を食べている途中、明るい表情と声で「美味しいね〜!」等と話しかけてあげると、行動だけでなく気持ちも共有できた事でインコはとても嬉しくなって喜びます。


■インコが楽しそうにしている時は一緒に喜んであげましょう
インコが楽しい時と言えば
「ピョロロロ」っと歌うように楽しそうな鳴き声を出している時。
頭を上下に振っている時。
まるでダンスやスキップをしているように走り回ったり、体を揺らしている時。
等ですが、そんな時「ごきげんだねー!」「楽しいねー!」と笑顔で明るい声で話かけてあげてください。インコの動きに合わせて体を揺らしてあげてもいいかもしれません。

インコは楽しい気持ちを仲間である飼い主さんと共有できた事で幸せな気持ちになり、また飼い主さんの事をより好きになります。


インコが飼い主さんの事を観察して同じ行動をとる事はインコにとって信頼関係を作る大切なコミュニケーション方法です。
そんな行動を見かけたら飼い主さんも気持ちや行動を共有してあげてください。すると今よりもぐっとインコとの距離感が縮まってより仲良くなれると思いますよ!

スポンサーリンク








"インコは仲間と同じ行動をすると安心します!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク