インコが家族の特定の人にだけ攻撃的になってしまう時は!

飼い主さんである家族全員の事が大好きで皆になつくインコもいますが、インコによっては家族の特定の人には甘えるけども他の人には「声を荒げて威嚇する」「キツく噛み付く」等、攻撃的になる事もあります。
何故そんな事をしてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク









626.jpg

■家族の中から特定の人をパートナー(恋人)に選んだ場合、他の人に攻撃的になる事があります
例えば「家族の中でママが自分のパートナーだ!」と決めたインコは、ママを取られまいとパパや子供達に攻撃的になる事があります。
インコが愛情深過ぎる為に「ママの事を独占したい!」という気持ちがはたらき、その他の人達を拒絶してしまう、という事です。

また、パートナーに人間を選ぶとは限りません。インコを複数飼いしている場合は「自分のパートナーは仲間のインコちゃんだ!」と決めると、そのインコとばかり仲良くして、飼い主である人間家族にはあまり感心を示さなくなってしまう事もあります。

よく「インコは一羽だけで飼う方が人間によく懐く」と言われますが、上記もその理由の1つだと思います。
勿論、複数飼いすると全てのインコがそうなるわけではありません。我が家のインコ達は二羽とも人間である飼い主にベタベタなので…。
あくまでそのような可能性がある、という事です。


■パートナー(恋人)に選ばれた人がインコと家族全員の仲を取り持ちましょう
インコに選ばれてしまったパートナーさんは「この人達(自分以外の家族)は悪い人じゃなくて同じ仲間なんだよ。」という事をインコに教えてあげないといけません。
例えば
・パートナーさんとインコとその他の家族が一緒に遊んでみる。
・パートナーさんとその他の家族の手の上を、交互にインコに飛び移らせてみる。

など交流を持つ機会をパートナーさんが作ってあげてください。

インコも最初は渋々かもしれませんが「パートナーさんが言うなら仕方ない…」と一緒に遊んでいるうちに、その他の家族の人達の事も「仲間」と認識してくれるようになる事があります。

またパートナーさん以外の家族と交流が上手く言った時には「えらいねー!」としっかり褒めてあげるようにしましょう。
インコは嬉しくなって家族皆ともっと交流を持ちたいと思うようになります。

また
・パートナーさん以外の人が餌の交換をする。
・パートナーさん以外の人がお菓子をあげる。
・パートナーさんは少しだけインコと距離をとる。

などの方法も効果的です。

食べ物のお世話をしてあげるとインコは「この人は良い人だ!」と少しずつ仲間意識を持つ事があります。


絶対にやってはいけない行動として「なんで自分には懐かないんだ!」と声を荒げて怒ったり、噛まれた時に体罰をしてしまう事です。
ただでさえインコに「この人はパートナーさんを奪うライバルだ!」と思われているのに、さらに「ひどい事までしてくる悪いヤツだ!」と思われると関係はどんどん悪くなってしまいます。

仲良くなる方法としては「インコが嫌がるような事は絶対にせず徐々に関係を良くしていく」というくらいの認識で仲良くなっていきましょう。


■インコにも反抗期があり、それで反発している可能性も
実はインコにも反抗期があります。
ヒナの頃は弱々しく人間に守ってもらうためにベタベタ懐いていたインコが、成鳥になり、自我が芽生え、飼い主さんに反発しだす事があります。

本当に人間の反抗期と同じような感じで「飼い主さんに甘えていたい」という気持ちと「自分に干渉するな!」という気持ちが入り交じって攻撃的になってしまう事があります。

反抗期が原因での攻撃的な行動の場合、飼い主さんとしては「嵐は時間とともに過ぎ去るもの」と諦めゆったりとした気持ちで、変わらずインコを大事にして見守ってあげてください。
成長して反抗期が過ぎた時には、大切にし続けてくれた飼い主さんにはインコはきっとまたより可愛らしい姿を見せてくれると思います。


このようにインコの気持ちはなかなか人間には理解しがたい事もあります。
インコはなかなか自分勝手な生き物です!が、とても愛情深い生き物でもあります。

「昨日まで仲が良かったインコが急に攻撃的になってしまった!」なんて事もあるようですが、そんな時も焦らず、怒らず、無理せず「自分の愛情はインコにしっかり伝わっている」と信じて、ちょっとずつインコとの関係を改善するようにしてください。

スポンサーリンク








"インコが家族の特定の人にだけ攻撃的になってしまう時は!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク