ヒナから育てなくてもインコは人間になつくの?

「インコをベタ慣れした手乗りに育てたいなら、ヒナの頃から差し餌を与えて育てないと駄目!」と聞いた事があるので「インコを飼って手乗りにしたいけども、仕事があるからヒナの頃からこまめに面倒を見て育てるのは無理だ」と諦めている方もいると思います。

でも本当にヒナの頃から自分の手で育てないとインコは「ベタ慣れしない」「手乗りインコにならない」のでしょうか?

スポンサーリンク









1026.jpg

結論から言いますと
自分以外の人の手からであっても「ヒナの頃から差し餌を与えられて手のりとして育てられたインコ」なら、おとな(成鳥)になってから迎えいれても「ベタ慣れ」「手乗り」になってくれます。

勿論、インコによって性格は多少違いますので「絶対に」という事ではありませんが、ペットショップ等で成鳥まで育てられたインコでも「すでに人間を信用していて」「手乗りになっている」なら、新しいご主人様に対しても基本的に同じように接してくれます。


ペットショップでヒナの頃からスタッフさん達にちゃんとお世話をしてもらって、たっぷり可愛がられているインコは人間というものに懐いています。
そういうインコはたいてい新しい飼い主さんにもしっかり懐いてくれるんです。


例えば「犬」も人間に懐く動物ではありますが「特定の人間」に対して強い執着をもつ動物です。長く一緒に暮らしていた特定の人間に対して特別な愛情を向けます。

それに比べて、ちょっと寂しい言い方かもしれませんが「人間に慣れたインコは実は人間なら結構誰でも大丈夫」なんです。
(勿論、インコも人間それぞれを判別して見分けていますし、初めて会う人には多少人見知りをする事もありますが…)
放鳥している時に窓から飛んで逃げて行ったインコがどこか別の家族に保護された後、それまでの飼い主さんの事は忘れたかのようにケロッとしながら次の家族の一員になってしまう事が多いのもインコのそういった性格をよく表した事例です。


またペットショップにいるインコ達は毎日多くのお客さんの顔を見て、声をかけてもらい、時に指を近づけて遊んでもらったりしています。
そのような環境で育つインコ達は多くの人間を見ていて社交性も磨かれているので、人見知りをする事も少ないと言われています。


ただ、残念な事ではありますがペットショップによっては動物達を品物のように展示しているだけのお店もあります。そんなお店で育ったインコを連れて帰ってきても「人間からの愛情不足」で新しい飼い主さんになかなか懐かない…というような場合もあるかもしれません。

成鳥になっていてもしっかり懐いてくれるようなインコをペットショップ等で探す場合は
●そのお店のスタッフさん達がペットショップ内のインコ達を大事にしているかどうか
●訪れるお客さんが多く繁盛している清潔なお店かどうか
●人間の姿を見かけたら、ケージの奥からでも前面に近寄ってくるインコかどうか
●インコが人間にベタ慣れしているか?手乗りか?を明確に表示しているお店かどうか

というような事を基準にして選ぶといいかもしれません。


「成鳥じゃなくてヒナから育てないとインコはきっと懐かない…。でもインコは飼ってみたい!」と悩んだり、諦めてしまっている方は一度ペットショップ等で人間に慣れたインコと接してみてください。「初めて会ったのにこんなに懐いてくれるの!?」と意外なほどすんなり仲良くなれるかもしれませんよ。
ヒナからインコを育てて人間好きにするも良し!人間好きとして成鳥になったインコを迎え入れるも良し!です。


と上記は「ヒナの頃から人間の手(ペットショップの人等)によって育てられた」という事を前提に書きましたが、私個人的には、どんな環境で育ってきたインコでも「しっかり時間をかけて愛情をたっぷり注いでさえあげれば」インコ達はその分の愛情を人間に対して返してくれると思っています。

逆も同様で、新しい家に来てから大切にしてもらえないとヒナの頃からどれほど愛情をもって育てられてきたインコでも不幸になってしまう事もあります。

大切な家族の一員としてインコが幸せな一生をおくれるように、愛情を持って毎日接するようにしてあげてくださいね!

スポンサーリンク







"ヒナから育てなくてもインコは人間になつくの?"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク