金属でできたインコ用オモチャは有毒な錆(さび)に注意!

インコはおもちゃが大好きです。
ずっと飼い主さんと一緒にいれるわけでないインコにとって、鳥かごの中のオモチャは「暇つぶし」や「好奇心を満たす」為、重要な役割を担ってくれます。

ペットショップに行けばたくさんの「鳥用おもちゃ」が有り、どれを買ってあげようか迷った事があるかと思います。
ただ場合によってそのオモチャがインコの健康にとって良くない影響を及ぼしてしまう事もあります

スポンサーリンク









1061.jpeg

■鈴のように金属が使われているオモチャは錆が発生する事があります
鳥のオモチャによく鈴や金属のパーツが使われたオモチャがあります。

光るものや音が鳴るものが大好きなインコにとって、鈴はお気に入りになりやすいオモチャなのですが、材質によってはインコにとって有害になる粗悪な金属が使われていたり、錆が発生しインコが口の中に入れてしまう可能性があります

鉛、スズ、亜鉛等が素材に使われていて中毒が発生してしまう事もあります。


最近では「サビや塗料の摂取の危険が少ない素材」の鈴等も販売されているそうですが、オモチャを購入する際にはそれがインコにとって安全なものか?をしっかり確認してから購入するようにしてあげてください。
自然の木材等、安全な材料のみを使って作られたオモチャなんかも増えてきていますので、オモチャを購入する際はそれ等を選ぶと良いかもしれません。


また「金属のオモチャが絶対に駄目!」という事ではないのですが「錆びている」「インコが塗装を剥がそうとしてかじっている」等が見られたら、オモチャを撤去したり別のものに変更する方が良いかもしれません
因みに私が通っている鳥専門の獣医さんは「金属がついているオモチャは鳥かごに設置しないでください」とハッキリ断言されていました…ご参考までに。


■放鳥時にも部屋の中の金属をかじらないよう注意してあげてください
鳥かご内に設置するオモチャだけでなく人間の生活している環境には、「キーホルダー等の小物、アクセサリー、照明器具、キッチン用品、等々」多くの金属が使われています。
放鳥時に飼い主さんがふと目を離した隙にいつの間にかインコがその金属をつついている、かじっている、という事が実際にかなり起こっているそうです。
人間にとっては少量の金属の破片や錆であっても、中毒や病気という形でインコにとっては大きな影響を及ぼす事もあります。

もし鳥かごから出して、部屋の中に放鳥して遊んでいるときにインコが金属でできたものをかじっている時は、すぐにそれから離すようにしてください。
インコは光ったり自分の姿が映るものが大好きなので金属を目ざとく発見し、近寄っていく事がありますので注意が必要です。

勿論、金属を少しつついたりかじっただけで「すぐに危険な状態になる」という事は可能性としては低いのかもしれません。
ただ、大切なインコが中毒に苦しむという悲しい状況にならないよう、普段から予防するようにしてあげてくださいね。

スポンサーリンク







"金属でできたインコ用オモチャは有毒な錆(さび)に注意!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク