退屈な時間を解消!インコが楽しむ餌探し(フォージング)

人間に飼育されているインコとは違い、野性で暮らしていた時のインコは毎日生きるために餌を探し続けていました。
自然界にインコの餌となるものは虫や植物等多く有りますが、ペットとして鳥かごに常に餌を準備されている環境とは違って簡単に見つかるものではありません。
またインコは体の構造上餌を一気に食べ溜める事はできないので、常に餌を見つけて一日をかけて少しずつ食べ続けないといけません。

スポンサーリンク









1116.jpg
そのように野性に生きていたインコは毎日、一日のうちの多くの時間を「餌探し」に費やしていました。


本来、インコはそうして一日の時間を使っていましたが、ペットとして暮らすようになったインコは「餌探し、食料探し」の為に時間を使う必要がなくなってしまいます。

生き物として「何もせずに安全に食料を確保できる」のは幸せな事だと思いますが、ペットとして暮らすインコはどうしても【時間をもてあまして退屈】になってしまい、【安全過ぎる環境の為にストレスがなく無駄な発情】をしてしまう事にもつながってしまいます。



「ペットとして飼われていて常に食料が簡単に確保できる」インコだから発生してしまう、そんな問題を解消する為の方法として【フォージング(食料探し)】という考え方があります。

フォージングは「インコに自主的に餌探しを楽しませ退屈を解消させ」また「適切なストレスをインコに与え発情をおさえる」というものです。
ここでいう【ストレス】は嫌がらせや恐怖感を与える等の悪い意味のストレスではなく、【野生で生きている鳥たちが自然に感じているストレス】のことを指しています。


ではフォージングの一例をご紹介します。

■紙や布などで餌を隠してみる
1115.jpg
例えばこの画像のように紙で餌をキャンディの包み紙のように隠してしまい、クチバシでかじったりつついたりして餌を発見してもらいます。
紙以外には小さめの布等で餌を覆ってしまっても良いかもしれません。

もし何度かこのフォージングをしてすっかり覚えてしまいキャンディ包み紙を簡単に開けてしまうようになったら、包み紙を二重にする等少し難易度を上げてみてください。


■餌箱を青菜等で塞いでみる
1117.jpeg
インコが食べても大丈夫な小松菜やチンゲンサイ等の青菜で餌箱を塞いでみるのも良いフォージングになります。
わざと餌を食べにくくする感じですね。

インコは「この野菜じゃまだな」と思い一生懸命食べる方法を考え、葉っぱをよけたり引っ張りだしたりして頑張ってくれます。


■市販のフォージングトイを鳥かごに設置してみる
フタが付いてる箱や、転がして餌が出て来るカプセル型の物など、インコ用のオモチャとしてフォージングトイも多く販売されています。
そういうオモチャを鳥かごの中に設置してあげると喜んで遊びながら餌探しをしてくれるかもしれません。



このように様々な方法でインコに食料探しを楽しませてあげるようにしてください。
ただ注意点として
■餌を隠す紙等は、かじって誤飲しても絶対に大丈夫な素材のものを使用してください
■フォージングトイもインコが怪我をする可能性があるものは使用しないでください
■病気のインコや、幼鳥など栄養が必要なインコにはおこなわないようにしてください
■フォージングが難しすぎて「長時間全く餌を食べられない」ような環境にならないようにしてください
フォージングは安全第一の環境でおこなうようにしてくださいね。


また、もしインコが隠した餌を見つけられない時やフォージングトイに興味をしめさない時には
■フォージングトイの周りに餌を置いてみる、フォージングトイの中から餌の一部を見せてあげる
■飼い主さんが先にフォージングトイをクリアするところをモデルになって見せてあげる(その時は楽しそうに遊ぶ姿を見せてあげてください)
などのように、インコにフォージングの方法を示してあげて、また楽しいものであると教えてあげてください。



インコが自分で考える事ができ知的好奇心を満たし、飼い主さんと一緒でない時に自分だけで遊べるから退屈を解消!また適度なストレスを与えてあげる事ができる!それがフォージングです。

皆様のインコちゃんが「退屈そうにしていたら」ちょっとした遊び感覚で簡単なものから取り入れてあげても良いかもしれません。

ポイントは全く餌が食べられなうよう無理させず、怪我しない安全な環境で、なおかつ適度に頭を使う難易度で行ってあげてくださいね。

スポンサーリンク







"退屈な時間を解消!インコが楽しむ餌探し(フォージング)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク