メジャーな種類がたくさん!オーストラリア産まれのインコ(オウム)達

インコ(オウム)といってもペットとして一般的なセキセイインコだけでなく、コザクラインコやボタンインコなど様々な種類のインコがいます。
またそのインコ達は日本原産ではなく外国から入ってきた生き物です。そして、鳥の種類によって性格や特徴も大きく異なってきます。

今回はその一部、オーストラリア出身のインコの簡単な特徴をご紹介いたします。

スポンサーリンク









1118.jpg
■インコと言えば!ポピュラーなセキセイインコ
●オーストラリア全域に生息
とても愛情深い性格で、人によく懐くので昔から手乗りインコとして親しまれてきたセキセイインコ。比較的体が強く丈夫であり、また鳴き声も大きすぎないので飼いやすい種類です。モノマネが上手なのも人気の理由!
色や模様のバリエーションが豊富なだけでなく、ふわふわ巻き毛の羽毛があるハゴロモセキセイインコや、ひとまわり大きいサイズのジャンボセキセイインコもいます。
インコを初めて飼う、という方にも比較的飼いやすいインコです。
寿命は7年〜13年程度と言われています。

1122.jpg
■実はインコではなくオウム。ちょっと臆病なオカメインコ
●オーストラリア内陸部に生息
オカメインコもセキセイインコと並びとても有名なインコです。名前にインコと付いているものの頭に冠のような長い羽毛(冠羽)があるので実はオウムの仲間。
穏やかな性格で人によく懐きますが、少々怖がりの面があり大きな音や振動でなどでパニックを起こしてしまう事も(オカメパニックと言われたりもします)。その温和な性格に合わせ、驚かせないよう優しく接するようにしてあげてください。
お喋りのモノマネは少し苦手ですが、口笛などのような音はとても上手にモノマネしてくれます。
寿命は15年〜25年程度と言われています。

1121.jpg
■好奇心旺盛で活発、でも噛む力はちょっと強いモモイロインコ。
●オーストラリア内陸部に生息
桃色の羽毛がとても可愛らしいモモイロインコ。とても人懐っこく、好奇心旺盛で活発。簡単な言葉ならモノマネもしてくれるようになります。寿命も長く飼い主さんとゆっくりと愛情を注ぎ合う事ができます。
ただ、鳴き声が大きめなので集合住宅や周りの環境、近隣の住人さんに気をつかう事が多いので防音対策はしっかりできる環境があるのが飼育には望ましいです。
また噛む力も結構なものなので家具や電化製品のコード等を壊してしまったり、遊びの際にエスカレートしてついついガブッと強く噛んでしまう事も。
少し肥満になりやすい傾向にあるので運動しやすい環境を作ってあげ、カロリー調整もしっかりしてあげてください。
寿命は30年〜40年程度と言われています、とても長いだけに上記のような面も踏まえ「本当に一生大事に飼ってあげられるか」はしっかり考えてから家に招きいれるようにしましょう。

1123.JPG
■穏やかだけども、積極的なスキンシップは少し苦手な子も。大人しいアキクサインコ
●オーストラリア内陸部に生息
穏やかで優しい性格のインコ。人によく懐きますが、個体によっては「自分の体に触られるのが苦手」というものも。ただ、飼い主さんと一緒にゆっくり穏やかな時間を過ごす事は大好きです。
インコにしてはクチバシでの破壊行動も少なめ、また鳴き声も小さめなので日本の住宅事情を考えると比較的飼育しやすいインコでもあります。
寿命は10年〜15年程度と言われています。



オーストラリア出身のインコは飼育しやすい性格のものが多く、ペットショップ等でも比較的目にしやすいです。特にセキセイインコやオカメインコは初めて鳥をペットとして家に招き入れる方にもオススメ!

しかしこんなに可愛い鳥達が野性に生息しているオーストラリア、正直かなり羨ましいです…。(生息しているのが内陸部等なので実際はそうそう簡単に出会えないかもしれないですが)
「オーストラリアに行って野性のインコをバードウォッチングしてみたい」等と夢見ております。

スポンサーリンク







"メジャーな種類がたくさん!オーストラリア産まれのインコ(オウム)達"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク