うぐいすの次はニワトリ!京都烏丸六七堂の紙風船

以前、「京都烏丸六七堂(きょうとからすまろくひちどう)の鶯(ウグイス)の形の紙風船を買いました!」という記事を書きましたが、そちらの新しい商品「にわとりの紙風船」をまた買っちゃいました!

スポンサーリンク









ぺったんこに折り畳まれた鶏の紙風船。
1443.jpg
シンプルなデザインのパッケージもお洒落で可愛いです!

1444.jpg
膨らませた後のイラストも描かれています。

1445.jpeg
こちらは裏面。イラストと共に「コケコッコーと鳴くのは雄鶏だけ」というようにニワトリについての事が書かれています。

1446.jpg
では早速取り出して膨らませてみましょう!このぺったんこにフーッと空気を吹き込むと…

1447.jpg
真ん丸のにわとりになりました。トサカやクチバシが素敵です!
しかし、にわとりの赤と白と黄色のカラーリングって本当に可愛いですよね〜!

1449.jpg
後ろです。尾羽やちょんと付いた足も可愛らしいです。

1448.jpg
横です。丸いです。

という事で早速以前購入したウグイスの紙風船と一緒に並べてみました。
1450.jpg
1451.jpg
何ともゆるい雰囲気が良いですね〜。部屋の空調器具の風に揺られて二羽仲良さそうにユラリユラリと揺れています。
ゆらゆら揺れる姿をぼんやり眺めていると、なんともユッタリとした気持ちにさせてもらえます。


京都烏丸六七堂は明治45年から紙製品卸、化成品卸をされている上村紙株式会社さんが「長年培った経験と技術、伝統をベースに紙の未来の形を提案」ということで作られた新しいブランドなんだそうです。

この紙風船にもやはり「阿波和紙」が使われていて、とても手触りが良く暖かみを感じる質感が本当に素敵です!

「今後も雀やツバヤ等の日本の野鳥、可能ならインコ等もっと色々な鳥の紙風船を作ってくれないかな〜」と密かに期待していたりします。


また鳥だけでなく金魚や黒猫の紙風船もあるようです。
1328.jpeg
1452.jpg
どちらも可愛いですね!

京都烏丸六七堂さんでは紙風船だけでなくハガキやぽち袋、文庫本ノート等も販売されているそうです。
興味ある方は是非調べてみてください〜!

スポンサーリンク







"うぐいすの次はニワトリ!京都烏丸六七堂の紙風船"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク