インコの放鳥時(鳥かごから出て遊ぶ時)に気をつけたいポイント!その2

今回の記事は前回の「インコの放鳥時(鳥かごから出て遊ぶ時)に気をつけたいポイント!その1」から引き続きまして、インコを鳥かごから出してあげてお部屋の中で一緒に遊ぶ「放鳥の時間」で気をつけたいポイントをご紹介いたします。

素早くて好奇心旺盛でとても小さなインコ達が大好きな放鳥の時間を楽しく、そして何より安全に過ごせるよう、少しでもご参考になれば幸いです。

念のため前回の記事へのリンクも貼っておきますね。
■インコの放鳥時(鳥かごから出て遊ぶ時)に気をつけたいポイント!その1へのリンク
http://koromoiemon.seesaa.net/article/446262327.html

スポンサーリンク









1529.jpg

■熱いものにも平気で飛び込みます。やけどに注意!
これは敢えてここに書かなくても「そんな事当たり前」と皆様思われるかもしれませんね。
でもインコ達はちょっと目を離した隙にバサッと素早く危険物に近寄ってしまう事があるんです。ヒーター、ストーブ、熱い飲み物、キッチンのお鍋等々…インコ達はそれが「熱くて触れたら火傷してしまう」なんて事は知りません
「ちょっと見慣れないものだから気になる!近寄ってみよう」「あの上は止まりやすそうだ」「お母さんがいつもウロウロしているキッチンに自分も行ってみたい!」のような気持ちから危険なものにも知らずに近づいてしまいます。
インコを放鳥する前に部屋の中に火傷してしまいそうな危険のものが無いか事前にチェックしてくださいね。

また熱さだけでなくテフロン加工のフライパン等の調理器具は熱するとインコにとって有害な物質を発生させるものもあります。最悪の場合それによってインコが命を落としてしまう事もあります。
そのような調理器具を使用した後の部屋で放鳥するならしっかり換気をおこない、空気が正常化されてからにしてください。


■ニコチンは体調不良や病気の原因に、インコがいる部屋で煙草は吸わないでください
タバコの煙には、ニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質が含まれています。人間よりも体の小さなインコ達は少しの煙(副流煙)を吸ってしまう事でも体に影響が出てしまう場合があります。
放鳥の時に部屋にタバコを置いておかないようにしてください、また念のために普段タバコを吸っている部屋ではインコを放鳥しないようにする方が良いでしょう


■クリッピング(羽根切り)をしているから安心!と過信しないでください
インコの羽根を適切にカットする事でインコを飛べなくするクリッピング。
「我が家のインコはクリッピング(羽根切り)をしているから大丈夫!」と思われる方もおられるかもしれませんが羽根は定期的に生え変わり思ったよりも速く上手に空を飛ぶ事があります
また距離は短く、高さは低いかもしれないですが切られた羽根でもパタパタっと相当素早く移動する事もあります。
ゆっくり移動するだけだと思っていたインコが急に飛んで窓から逃げて行った、飼い主の部屋の移動のドアの開閉に巻き込まれた、等の事故も発生しています。

クリッピングをされたインコでも時に素早く飛ぶ事がある、と思っておきましょう。


■窓ガラスに衝突しないように気をつけてください
よく「都市部等で鳥がビルの窓にぶつかって死んでしまった」という悲しい話を聞きます。ピカピカに磨かれたガラスがそこに有る事に気づかず、飛んでいる鳥がぶつかってしまうんですね。
家で暮らすインコもそれは同様です。
家庭の窓は網戸等が付いていたり常にピカピカに磨きあげられているご家庭も少ないとは思いますので、多少はガラスが認識はしやすいのですが、やはりインコ達もそもそも「ガラス」なんていうものの存在は知りません。
そこには何も無い、と思ってぶつかってしまう事があります。

インコを放鳥する時はレースやカーテンを閉めておいてあげるようにしましょう。それによって以下の「脱走」の防止にもなりますので…。


■窓や玄関ドアから屋外に逃げていってしまわないように注意してください
インコには明るく広い場所に飛んで行く習性があります。
決して人間のペットとして暮らしている事に不満があって屋外に行きたいのではなく、「光、空、知らない空間」が目の前にあるとそこに向かって飛んでしまう事があります。これはインコの本能です。
インコを放鳥している時は絶対に屋外に繋がる場所を開ける事がないようにしてください。
人間に飼われていたインコは屋外に出てしまったらほぼ命を落とすと思ってください。極まれに他の鳥の群れに紛れて命をつないだり、別の人間のところに逃げ込んで新しい飼い主を見つける事もありますが、それは本当に珍しいケースです。

家の外に逃げてしまったインコは死んでしまうと認識して、放鳥してあげる時は絶対に絶対に絶対に屋外に繋がるドアや窓は開けないを決まり事にしてくださいね。


■インコは明るい場所が好きで、暗い場所にはあまり行きません
インコは基本的にはあまり暗い場所は好みません。そこにどんな危険が潜んでいるかわからないからです。
なので「行ってほしい場所、放鳥の時はこの部屋にいてほしい」と思うところは明るく。逆に「あの場所、あの部屋には行ってほしくない!」と思う場所があればそこは暗くしておきましょう



と前回の記事から続けて「インコの放鳥時(鳥かごから出て遊ぶ時)に気をつけたいポイント!」をご紹介いたしました。
今回ご紹介しましたのはあくまで基本的なもので、人間が生活する環境の中で他にもインコにとって危険なものは他にも色々あります。子供が絵を描く画材、仕事で使う金属や機械、専門的な調理器具、趣味に使う薬品や化粧品、嗜好品、等々

また部屋の中の環境、置かれている物や間取り等は家庭毎に違います。
大切なのは自分が暮らす環境、部屋の中で「インコにとって危険は無いかな?」という事を普段からしっかり認識するようにして、そして放鳥する時にはそれらの危険を事前に取り除いておく事です。


インコにとって広い部屋で大好きな飼い主さんと一緒に遊べる「放鳥」はかけがえのない時間です。
楽しく、快適で安全にインコが遊び回れるよう、部屋の中の環境を適切に整えてあげるようにしてくださいね!

スポンサーリンク







"インコの放鳥時(鳥かごから出て遊ぶ時)に気をつけたいポイント!その2"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
スポンサーリンク